• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「6月31日の同窓会」 真梨幸子

6月31日の同窓会

内容(「BOOK」データベースより)
神奈川の伝統ある女子校・蘭聖学園の89期OGが連続して不審な死を遂げる。同校出身の弁護士・松川凛子は、同窓生の証言から真相を突き止めようとするが―学園の闇と女たちの愛憎に、ラスト1行まで目が離せない!女子校育ちの著者が、かさぶたを剥がしながらダーク過ぎる“女の園”を描く、ノンストップ・イヤミス!


表紙からイヤミスを予感させる何とも言えないこの表紙。。

存在しない6月31日開催の同窓会の案内が届いたら死んでしまう・・・という
女子高の卒業生たちのお話。
次々と死んでいく卒業生や、怯える卒業生、相談を受ける弁護士になった卒業生。。
案内状を出しているのは誰?!犯人は誰?!

伝統ある女子高、しかもお嬢様学校。
小学校から入学してる子や、中学や高校からの外部生。
卒業後も何かと付き纏う母校の存在。
こんな学校イヤだわ~と思う蘭聖学園。

卒業生たち数人の視点で描かれているのですが
その人の話だったり、違う人の話ししてたり、
たくさんの登場人物に、混乱です。
これは誰だっけ?誰の話しだっけ?と、何度か戻ったりして。

期待が大きかったぶん、ちょっとイマイチ感もあったけど
女子のドロドロ感はさすがでした◎
怖い、怖い。


スポンサーサイト

| 真梨幸子 | 2016-12-11 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「恋のゴンドラ」 東野圭吾

おひさしぶりです◎
ずっと頑張って続けていたこのブログ。
最長記録で放置してしまいました。。
とくに何があった訳でもなく、、
その間にも訪問してくださった方、ありがとうございます ^ ^
再開1発目はやっぱり東野さんからね。


恋のゴンドラ

内容(「BOOK」データベースより)
この恋の行方は、天国か地獄か。怒濤の連続どんでん返し!


これは面白かったー◎
スノボが好きな人たちの短編集。連作短編集ですね。

1話目から、帯どおり、天国か地獄か・・・でしたね。
浮気相手とスノボを楽しむ広太が乗ったゴンドラに、4人組の女性が一緒に乗ってきた。
その中の一人はなんと、広太の同棲相手、美雪だった。
ゴーグルにフェイスマスク姿の広太・・・
美雪は気付いてるのか、気付いてないのか・・・
ゴンドラが山頂に着くまでの間、まさに地獄・・・

もう、こっちがヒヤヒヤ。

他にも、ホテルで働く同僚の男女たちの恋愛模様。
とくに、日田くんの恋の行方は必見ですね。


東野さんのこういうの、ひさしぶり◎
東野さんってミステリーのイメージが強くなってるけど、こういうサクっと軽いのも好きです。
黒笑小説とかのブラックな感じのも好きです。

そして、続けて「雪煙チェイス」も発売されてるんですよね。
読まないと!


| 東野圭吾 | 2016-12-09 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「危険なビーナス」 東野圭吾

危険なビーナス

内容(「BOOK」データベースより)
弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。


東野さんの新刊です。
最近は読み始めるのにドキドキします。
お願い、面白くあって!と。。

獣医の伯朗は、弟の妻と名乗る女性、楓から電話を受ける。
弟明人と結婚をしたこと、数日前シアトルから一緒に帰国したあと明人が行方不明になっているということ。
しかし、明人とほとんど付き合いのなかった伯朗には、何もわからなかった。
明人は伯朗の母が再婚した後に産まれた弟だった。

楓たちが帰国したのは、明人の父がそろそろ危ないと連絡を受けたからだった。
楓は、明人が失踪したのは、資産家である明人の実家、矢神家に原因があると思い、伯朗に協力を頼む。

前半は、なかなか進まなかったですね。。
矢神家の人間関係がまあ複雑で、加えて、伯朗という人間がいまいちイメージ出来ず。
楓は楓で、なんか怪しいし。
と、いろいろ思いながら読んでました。

そして、行き着く先は、意外な結末でした。
やられたーって感じではなく、そっちかーって感じです。
内容の割りに、結末が軽い感じでした。さくっと。

脳の研究とかサヴァン症候群とか東野さん得意分野がいろいろ出て来るんだけど、もっと深かったらよかったのにな。
変身とか分身とか宿命みたいな。

決して面白くないわけじゃあないんだけど、何度も読み返したりはしないかな。


| 東野圭吾 | 2016-09-19 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ホリデー・イン」 坂木司

ホリデー・イン

内容(「BOOK」データベースより)
それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。


「ワーキング・ホリデー」「ウインター・ホリデー」のスピンオフです。
このシリーズ好きだったので、嬉しい1冊です。

元ホスト、現宅配ドライバーの大和の前に、いきなり現われた小学生の息子・進。
この親子の夏休み、冬休みを描いた前2作。
今回は、彼らを取り巻く人たちのそれぞれのお話です。

ホストクラブのオーナー、ジャスミンをはじめ、ホストの雪夜、常連のナナ、宅配アルバイトの大東など。
個性的な脇役たちの意外なエピソード。
みんな見せないだけで、いろんな経験してて、それを抱えたり置いてきたりしてるんだよね。

そして、進が初めて大和に会う日のお話や、大和とジャスミンの出会いの話もあります。
どれも温かい。
すきだなあー。
もう1回、ワーキング・ホリデーから読みたくなりました◎

| 坂木司 | 2016-09-13 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

カープ優勝

ごめんなさい。
今日だけは本ではなく、これを。。

プロ野球に特に興味はなくても、広島県民には小さい頃から植えついてたカープの存在。
決して、昔からの・・・とは言えないけれど、カープ女子と話題になる少し前の頃。
初めてちゃんと試合を見に行ったのは、大人になってから、10年ちょっと前の旧市民球場。
決定打は、マツダスタジアムの杮落としを見に行ったこと。
わたしをカープファンにしてくれたのは、旦那と同期の友だち。

それから10数年。
自他ともに認めるカープファンになりました。
そして、昨日、25年ぶりの優勝を決めました!!
勝つべくして勝った今年1年。
たくさんのドラマがあった1年。

FAが導入されてから、いい選手がどんどん流出していくカープ。
FAでいい選手を獲得できるほど、資金がないカープ。
ならば、今いる選手を育てていくしかなかったカープ。
それが、25年の時を経て、実ったカープ。

カープが愛される所以が詰まった25年ぶりの優勝。
ここ、広島はお祭りムードです。


だけど、
わたしは10年ちょっとですが、
優勝できないまま去って行った選手もたくさん見てきました。
彼らも、カープでの優勝を目指してた姿をわたしはちゃんと見ていました。
昨日、カープが優勝したときに、そこにはいなかったけれど、わたしは彼らの姿を思いました。
25年ぶりの優勝は、25年分の思いがあること。

生きててよかった
そう思ったカープファンはたくさんいました。
25年ぶりのカープの優勝は、それほど大きなものでした。

ありがとう。

| 未分類 | 2016-09-11 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。