• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

>> EDIT

「ひゃくはち」 早見和真

ひゃくはち

内容(「BOOK」データベースより)
地方への転勤辞令が出た青野雅人は、恋人の佐知子から意外なことを打ち明けられた。付き合い出すずっと前、高校生のときに二人は出会っていたという。彼は、甲子園の常連・京浜高校の補欠野球部員だった。記憶を辿るうち―野球漬けの毎日、試合の数々、楽しかった日々、いくつかの合コン、ある事件、そして訣別。封印したはずの過去が甦る。青春スポーツ小説に新風を注いだ渾身のデビュー作。


高校球児の青春物語でした。

25歳になった雅人が彼女から言われたのは、私たちは高校の時に出会っていたということ。
そして思い出す、甲子園を目指していた高校生のときのこと。

野球漬けの高校時代。
甲子園常連校で、ベンチ入りを目指していたあの頃。
仲間とずっと一緒だった寮での生活。
数々の試合の日々。
タバコ、お酒、合コンも一通り楽しんでいたあの頃。
思い出す記憶のどこに、彼女がいたのだろう。

甲子園常連校ということもあって、野球エリートばかりが集まっていて。
雅人も中学で野球はしていたけれど、一般入試での入学。
同じく一般入試組のノブとはとくに、悔しい思いもたくさんしながら頑張ってきた。

けれど、現在と過去の回想で描かれてる中で、
現在の感じから、当時の仲間たちとは何かあったんだなって感じます。
その出来事に向かって回想が進んでいきます。


高校生、あついですね。あつくて、単純で、青春だなーと。
作者の早見さんって、由伸監督と同じ高校の野球部だったんですよね。
だから、試合のシーンとか、高校球児の葛藤とか上手ですね。
高校球児って、実際にこんなに遊んでたのかしらん・・とちょっと気になりますが。。
雅人のお父さんがよかったです!!


今年も高校野球の季節がやってきましたね。
みんなそれぞれいろんな背景があって、あの舞台に立ってるんだなーと勝手に想像すると
なんかこみあげてきちゃいます◎


スポンサーサイト

| は その他 | 2017-08-06 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

blast! the music of Disney

blast.jpg


たまーに書く本以外の記事。
今回はコレ!
というか、今日見て来て興奮さめやらぬ・・

blast! ブラスト!
音楽集団というのでしょうかね?
楽器とパフォーマンスのエンターテイメント集団。

初めて見たのは、もう10年以上前、大学生のとき。
ずっと吹奏楽部だったこともあって、こういうインストルメントの音楽は好きなんです。
だけど、想像をはるかに超えて、とっても衝撃で、一瞬で虜になりました◎
もうヤバイ!のレベル。。

その後は、数年前に地元に来てくれて見に行ったきり
今回は久々のブラスト!でした。

基本、アメリカ人の集団で、前見たときはパーカッションの石川さんが日本人唯一のメンバーでしたが
今回は日本人が5人も参加していました。
石川さんももう最古参なんだとか。
なんだか感慨深い・・

トランペットやトロンボーンやユーフォにホルン、フルートまで
当たり前だけど、ちょー上手い演奏に加えて、演奏しながらのパフォーマンスがすごい!
パーカッションも半端ない。ドラムラインとか、もうね、、、泣けてきちゃう。
ダンサーもね、日本人が何人かいて。

演奏もパフォーマンスも完璧なうえに、休憩中まで楽しませてくれます。
休憩になると、あっと言う間にロビーに人だかり。
石川さんをはじめ、パーカッションの人たちのパフォーマンス。
どこまでも楽しませてくれます◎

というわけで、今日はただただ興奮のまま綴ってみました。
しばらくこの余韻で頑張れそうです。

ぜひぜひ、一度見て欲しいです。
とくに、学生の子たち。
学生のうちに、こういう本物に触れて欲しいなーと思います◎


| 未分類 | 2017-08-04 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「殺人出産」 村田沙耶香

殺人出産

内容(「BOOK」データベースより)
今から百年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」で人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日、突然変化する。表題作他三篇。


表題作を含む4篇です。
どれもいまから100年ほど先の世界を描いたものです。

その世界では、セックスと出産がイコールではなくなってきて、極端に人口が減っていた。
そこで作られたシステムが、殺人出産システム。
10人産んだら1人殺してもいい という・・
命を奪うものが命を作る役目を担う。
その人は産み人と言われ、崇められる始末。
しかも、男性も人口子宮によりその役目を果たせるという。

なんというか、ぶっとんだ世界でした。
育子の姉は10代の頃から産み人となり、そろそろ10人目の出産が近い。
姉は、誰を殺したいと思ってるのだろう。

その他にも
恋人は2人ではなく、3人で付き合うのが流行る「トリプル」
性を可能な限り排除した「清潔な結婚」
医学が発達し、自分のタイミングでしか死ねなくなった「余命」

どれも、いつかほんとにこんな世の中が来るのか、、とちょっとぞっとするお話しばかりでしたが
案外ありえそうな感じもして、面白かったです◎


| ま その他 | 2017-08-01 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「プラージュ」 誉田哲也

プラージュ

内容(「BOOK」データベースより)
たった一度、魔が差した結果、仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生。やっと見つけたシェアハウスで、人生をやり直す決意をした矢先に、一人の女性住人に「夜這いし放題よ」と耳打ちされて…。あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語。


帯に、星野源と石田ゆり子の写真でドラマ化の文字。。
逃げ恥コンビじゃない!と、気になり読んでみました◎

覚醒剤使用で執行猶予中の貴生が紹介されたシェアハウス「プラージュ」
オーナーの潤子さんをはじめ、男3人女2人が住むシェアハウス。
一緒に住むに連れてわかってくるのは、ここに住むみんながなんだか訳有りの人たちばかりだということ。

そして、同時に一人の記者の男の話が間に挟んでくる。
彼はある殺人事件の容疑者を追って「プラージュ」を張り込みし、ついには「プラージュ」に潜入する。
そこで気付く、時間軸。
記者の男の話しと、貴生が入居した時期が異なると。
容疑者の男は誰なのか、記者の男は誰なのか。。

そういうミステリー要素もありながら、基本は心理的な道徳的なお話しです。
罪を犯した人の罰と再生について。
貴生をはじめ、プラージュのいろんな人の視点で描かれています。
いろんな罪があって、重さがあって、それでも生きていく意味も様々あって。

登場人物7人がどういう着地点に落ち着くのか、それが気になって読んだようなものです。
その結末は、うん、こうなりますよね。

ドラマはWOWOWなので、我が家では見れそうになかったです~

| 誉田哲也 | 2017-07-30 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「沖縄プチ移住のススメ」 吉田友和

沖縄プチ移住のススメ

内容(「BOOK」データベースより)
地方移住に憧れる人は少なくない。人生をかけた移住ではなく、まずは旅の延長線上としての「プチ移住」がいい。数々の海外旅行をしてきた旅行作家が、妻の育児休暇中、一家で沖縄に“住んでみた”。ゆるくて温かいウチナーンチュとのふれあい、沖縄特有のB級グルメと時節の行事、適度に便利で快適な生活…。1カ月からでもOK。「ちょこっと暮らし」はこんなに楽しい!


お久しぶりです。
最後の更新からあっと言う間に季節も変わり...
あまり本読めてないんだけど、一番最近に読んだこの本。

沖縄好きの私には興味のあるタイトルでした◎
わたしも沖縄に移住したいわ~としょっちゅう言ってますが、実際にはなかなかね。。

この家族の沖縄移住は3ヶ月でした。
なぜ3ヶ月?と思ったんだけど、理由を聞いて目からウロコでした。
奥さんが産休に入って会社に行かなくなると、東京にいる理由がなくなったとのこと。
筆者はフリーのライターなので、パソコンさえあれば、どこでも仕事が出来ると言うこともあって
子どもが産まれて3ヶ月後に、家族3人で沖縄へ移住したのです。
期限は育休の間の3ヶ月。

旅行とは違う日常。
スーパーでの買い物も、季節の行事も、地元の人との出会いも、何もかもが新鮮で発見ばかりの日々。
3ヶ月限定だからこそ、楽しめるのかもしれません。

わたしにとっては、とっても夢のある1冊でした◎

| や その他 | 2017-07-27 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>