• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「朝が来る」 辻村深月

朝が来る

内容(「BOOK」データベースより)
「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。


ドラマ始まりましたね~

親子3人で幸せに暮らす栗原家にかかってきた1本の電話。
「息子を返して欲しい」と言う女性の声。

栗原家の6歳の息子、朝斗。
栗原夫妻は不妊治療の末、40歳を過ぎて養子として朝斗を迎えた。
幸せに暮らす彼らのもとにかかってきた、片倉ひかりという朝斗の母親を名乗る電話。
彼女の狙いは何なのか。

栗原佐都子が朝斗を迎えるまでの経緯。
片倉ひかりが朝斗を手放すまでの経緯。
両方の視点で描かれています。

親子ほど離れた彼らだけど、どちらも苦しみ葛藤続きだった人生。
そんな彼らを繋いだベビーバトンこと朝斗。

ひかりの苦しみのほうが長いトンネルでしたが、
みんな幸せになって欲しいと願うばかりです。


スポンサーサイト

| 辻村深月 | 2016-06-07 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「盲目的な恋と友情」 辻村深月

盲目的な恋と友情

内容(「BOOK」データベースより)
一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。恋にからめとられる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への―。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書き下し長編。


タイトル通り「恋」と「友情」の2章になっています。

大学のオーケストラに入った、美しくてみんなに愛される蘭花。
初めて恋した男は、指揮者の星近。
彼と付き合うことになってから、幸せの絶頂から地獄までを味わうことになるんだけど、
堕ちてしまっても離れることが出来ない、まさに恋は盲目そのものです。

そして、蘭花の親友、瑠利絵。
容姿にコンプレックスを持つ彼女は、蘭花の親友であるということに執着し、優越感を抱く。
わたしを見下した人への復讐心も持って。

そんな2人の一連の出来事を、「恋」と「友情」の章でそれぞれの視点で描かれています。

恋に溺れて堕ちていく蘭花は、まあわからないでもないけど、星近はダメだよね。
まさに恋は盲目。

わたしは、瑠利絵のほうが、痛々しく感じました。
誰かに選ばれたい気持ちが人一倍強い感じ。
蘭花を一人占めしたい気持ち。
こちらも盲目的ですね。

なんだろう。
この誰にも共感できない感じ。
けど、実は美波が一番普通じゃないかと思ったり。

辻村さんだから、騙された感や意外な結末を想像しました。
確かに、このタイミングは意外でしたが、衝撃な結末とはならなかったかな。


この装丁は結構好きです◎

| 辻村深月 | 2015-11-12 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ふたり姉妹」 瀧羽麻子

ふたり姉妹

内容(「BOOK」データベースより)
東京の製菓メーカーで企画職として働いていた29歳の聡美が久しぶりに故郷に帰ってきた。実家を出たことがなくずっと田舎暮らしの三つ下の妹・愛美は、この機会に姉の家で都会の暮らしを楽しんでみたいと思い立つ。部屋を貸すことを嫌がる姉や困惑する婚約者を説き伏せて、愛美は東京に発つが、聡美の家で姉の恋人と遭遇。プライドが高く向上心の強い姉の突然の帰省を訝しんでいた愛美は彼に探りをいれてみることに。聡美が実家に帰ってきた本当の理由とは―?自分を見つめ直す二人の物語。


プライドが高くて向上心が強い姉、聡美。
仕事も上手くいっていると思っていたのに、気付いたら自分の居場所がなくなっていた。
実家に帰るも、家族にも帰ってきた理由を言えないまま。

逆に、ずっと実家で暮らし、幼馴染との結婚を控えている妹、愛美。
結婚前に一度だけ都会暮らしをしてみたいという愛美は、姉が実家にいる間に姉の東京の家を借りることになった。

正反対の姉妹。
それだけにお互いにイライラしたり。
だけど、自分とは違うものを持ってることに、どこかで羨んでいたり。

妹より自分の方が、姉より自分の方が・・・
そんなこと考えてた彼女たちが、お互いの生活を知ることで、少しずつ思いやることが出来てきて、自分の生活を見直すきっかけになります。

29歳と26歳のこの姉妹。
この年になってこんなに喧嘩するなんて。
けど、これから仲良し姉妹になれるといいです。
お互いの彼氏がよかったです◎


うちは4つ上の姉がいますが、大人になるほど姉妹でよかったなーと実感します。


| 瀧羽麻子 | 2015-11-03 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「キング」 堂場瞬一

キング

内容(「BOOK」データベースより)
五輪男子マラソン代表・最後の一枠の選考レースまで四か月。日本最高記録を持ちながら故障に泣き、復活を期する天才・須田が最有力とされる中、優勝経験がなく“万年三位”の青山に正体不明の男が接触、「絶対に検出されない」ドーピングを勧めてきた。青山は卑劣な手段を一旦は拒むが…。ランナーたちの人生を賭した勝負を活写する傑作長編!


堂場さんのスポーツもの、好きです。
特に、陸上。

オリンピックのマラソン代表の一枠をかけた最終選考レース。
優勝経験はないが、棄権もしたことのない万年三位の青山。
日本最高記録を持つも、故障に泣いたガラスのエース、須田。
過去に優勝するも代表に選ばれず、陸連を敵にまわした武藤。

30歳になった彼らが、それぞれの環境の中で、これが最後と懸ける選考レース。

そんなとき、青山にドーピングを勧めてくる謎の男が現れる。
絶対に検出されないという。
青山の心は揺れる。

面白かったです◎
レースまでの選手たちの不安やプレッシャーや葛藤、そしてレースの展開。
マラソンを見るのは好きなので、読みながら実際に本当のレースを見てるような感覚になります。

果たして、誰が優勝するのか。

| 堂場瞬一 | 2015-09-22 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「家族シアター」 辻村深月

家族シアター

内容(「BOOK」データベースより)
お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、娘も、息子も、お姉ちゃんも、弟も、妹も、孫だって―。ぶつかり合うのは、近いから。ややこしくも愛おしい、すべての「わが家」の物語。


また辻村さん。
家族のお話し7編の短編集です。

姉妹、姉弟、母と娘、父と息子、祖父と孫etc...
とっても身近な間柄だからこそ、甘えがあったり、反発しあったり、言葉が足りなかったり、家族ならではの関係性がとっても共感できました◎

だけど、どの話も最後は結局、「家族」なんです。
友だちや恋人とは違って、離れられない存在。
それがわかってるからこそ、遠回りしたりしちゃうけど、ほんと結局、家族なんですよね。
その大切さ、ちゃんとわかってるんですよね。

辻村さんのどんでん返しのない、素直にいいお話の1冊でした◎

姉妹のお話、よかったです。
わたしも姉妹なので。しかも妹。
姉のすごさ、いつもありがとうです。



| 辻村深月 | 2015-06-15 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。