• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「あまからカルテット」 柚木麻子

あまからカルテット

内容(「BOOK」データベースより)
「終点のあの子」作者の誰もが待ち焦がれた新作は、仲良し四人組の探偵小説。ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子。恋愛の荒波も、仕事の浮き沈みも、四人の絆で乗り越えてみせる。


今年最後にぴったりな本でした◎

中学時代からずっと仲良しの4人組。
タイプも仕事もバラバラだけれど、28歳になった今でも月に1度は会っている彼女たち。
恋の悩み、仕事の悩み。
アラサー女子が行き詰ったとき、頼りになるのはやっぱり友だちだった。

4人それぞれに物語があって、
女の子ばかりの話だけど、嫌な感じが全然なくて、気持ちよく読めました◎
こんな友情、いいですね。
頼ったり、頼られたり、刺激をもらったり、とってもいい関係でした。

最後のお話しは、大晦日の話しだったので、ぴったりだなーと思いました ^ ^


スポンサーサイト

| や その他 | 2017-12-31 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ルビンの壺が割れた」 宿野かほる

放置し過ぎて、どれから書こう・・と思ってるうちに、また時が経って・・・
いろいろ書くのはあるけれど、まあ、最近読んだコレ。
ちょっと前の読書芸人で紹介されてましたね。

ルビンの壺が割れた

この小説は、あなたの想像を超える。
結末は、絶対に誰にも言わないでください。

「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相手は、かつて恋人だった女性。SNSでの邂逅から始まったぎこちないやりとりは、徐々に変容を見せ始め……。ジェットコースターのように先の読めない展開、その先に待ち受ける驚愕のラスト。覆面作家によるデビュー作にして、話題沸騰の超問題作!


1冊まるまる、facebook のメッセージのやり取りでした。

始まりは、水谷一馬という人物から、未帆子さんへ宛てたもの。

内容からわかるのが、結婚をしようとしていた2人だということ。
けど、結婚はしてないということ。
それから、何十年も経っているということ。

返事が返ってこないまま3年が経ったころ、ついに未帆子からメッセージが届きます。
そして、二人が出会った大学生の頃の懐かしいやりとりが始まります。
そこには、当時知らなかったお互いの思いや出来事がたくさん綴られていました。
そして徐々に、二人が結婚に至らなかった理由まで話しが進んでいきます。
それは一馬も知らなかったこと。

なんだろう、コレ。
メールのやりとりなので、淡々と進んでいくんですよね。
だけどそこには、新たな事実がたくさん含まれていて。
お互いの内容に、それぞれの想いがあって、そうか・・と納得しながら読んでいましたが
ちょっと待って。。 ですね。
途中雲行き怪しいな~と思いながら読んでましたが、、、
帯にいろいろ書いて構えてはいましたが、、、

いろんな意味で、これはホラーでしたね・・


| や その他 | 2017-12-13 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「沖縄プチ移住のススメ」 吉田友和

沖縄プチ移住のススメ

内容(「BOOK」データベースより)
地方移住に憧れる人は少なくない。人生をかけた移住ではなく、まずは旅の延長線上としての「プチ移住」がいい。数々の海外旅行をしてきた旅行作家が、妻の育児休暇中、一家で沖縄に“住んでみた”。ゆるくて温かいウチナーンチュとのふれあい、沖縄特有のB級グルメと時節の行事、適度に便利で快適な生活…。1カ月からでもOK。「ちょこっと暮らし」はこんなに楽しい!


お久しぶりです。
最後の更新からあっと言う間に季節も変わり...
あまり本読めてないんだけど、一番最近に読んだこの本。

沖縄好きの私には興味のあるタイトルでした◎
わたしも沖縄に移住したいわ~としょっちゅう言ってますが、実際にはなかなかね。。

この家族の沖縄移住は3ヶ月でした。
なぜ3ヶ月?と思ったんだけど、理由を聞いて目からウロコでした。
奥さんが産休に入って会社に行かなくなると、東京にいる理由がなくなったとのこと。
筆者はフリーのライターなので、パソコンさえあれば、どこでも仕事が出来ると言うこともあって
子どもが産まれて3ヶ月後に、家族3人で沖縄へ移住したのです。
期限は育休の間の3ヶ月。

旅行とは違う日常。
スーパーでの買い物も、季節の行事も、地元の人との出会いも、何もかもが新鮮で発見ばかりの日々。
3ヶ月限定だからこそ、楽しめるのかもしれません。

わたしにとっては、とっても夢のある1冊でした◎

| や その他 | 2017-07-27 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「怒り」 (上)(下)

怒り上
怒り下

内容(「BOOK」データベースより)
若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。


映画館で予告を見て面白そうと思ったので、読んでみました◎

東京八王子で起きた殺人事件。
犯人は山神一也、27歳。
事件から1年経ったいまも、逃亡を続けていた。

そして、千葉、東京、沖縄の3つのお話し。

千葉では港町の漁港にふらりと働かせて欲しいとやってきた田代という男。
そこで働く洋平、愛子親子と親しくなった田代。

東京では、エリートサラリーマンの優馬が出会った無職の男、直人。
ゲイの優馬は直人と一緒に暮らし始めた。

沖縄では、離島で暮らす泉と母親。
泉は舟で渡った無人島で、野宿をしていたバックパッカーの男、田中と出会う。

上巻を読みながら、この3人の誰が犯人なんだろう。この時間軸はどうなってるんだろう。
なんて、いろんな想像をしながら読んでました。
下巻になると、どんどん真実に近づいていくにもかかわらず、どんどん読んでて苦しくなっていきますね。
それぞれの人間模様が切ない。。
1つの事件はこんなにもいろんな人を傷つけるんだと。

映画のラストはどうなるんでしょうね。
犯人はそのままいくのかな。
映画になると、ラストはちょっと変わってる気がします。

面白かったです◎

| 吉田修一 | 2016-07-16 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ランチのアッコちゃん」 柚木麻子

ランチのアッコちゃん

内容(「BOOK」データベースより)
地味な派遣社員の三智子は彼氏にフラれて落ち込み、食欲もなかった。そこへ雲の上の存在である黒川敦子部長、通称“アッコさん”から声がかかる。「一週間、ランチを取り替えっこしましょう」。気乗りがしない三智子だったが、アッコさんの不思議なランチコースを巡るうち、少しずつ変わっていく自分に気づく(表題作)。読むほどに心が弾んでくる魔法の四編。読むとどんどん元気が出るスペシャルビタミン小説!


やっと読みました。
ドラマにもなってずーっと気になってたのですが、なんかタイミングなくて、やっとです◎

派遣社員の三智子は、彼氏にも振られ落ち込んでたとき、会社の上司、黒川部長ことアッコ女史から提案される。
一週間、ランチを取り替えっこしようと。
三智子は、アッコ女史のために毎日お弁当を作り、その代わり、三智子はアッコ女史の毎日のランチコースを巡るという不思議な一週間が始まる。

友だちもいない、彼氏にも振られる。
地味な毎日を過ごしていた三智子は、アッコ女史のランチコースで一週間いろんな出会いをする。
こんな世界があったんだ!と思わせてくれる一週間。

そんな表題作を含む、4編です。
1話、2話は、アッコ女史と三智子のお話。
3話、4話はまた別のお話しですが、雰囲気は同じく、社会に出た子たちがそれぞれの方法で前向きに生きていく姿です。
アッコ女史ともリンクしてるしね。

さらっと読めるんだけど、とてもほっこり。
元気が出てくる1冊でした。
人気なのが納得◎
続編も出てるようなので、早速読んでみようと思います。

| や その他 | 2016-06-30 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>