• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ひゃくはち」 早見和真

ひゃくはち

内容(「BOOK」データベースより)
地方への転勤辞令が出た青野雅人は、恋人の佐知子から意外なことを打ち明けられた。付き合い出すずっと前、高校生のときに二人は出会っていたという。彼は、甲子園の常連・京浜高校の補欠野球部員だった。記憶を辿るうち―野球漬けの毎日、試合の数々、楽しかった日々、いくつかの合コン、ある事件、そして訣別。封印したはずの過去が甦る。青春スポーツ小説に新風を注いだ渾身のデビュー作。


高校球児の青春物語でした。

25歳になった雅人が彼女から言われたのは、私たちは高校の時に出会っていたということ。
そして思い出す、甲子園を目指していた高校生のときのこと。

野球漬けの高校時代。
甲子園常連校で、ベンチ入りを目指していたあの頃。
仲間とずっと一緒だった寮での生活。
数々の試合の日々。
タバコ、お酒、合コンも一通り楽しんでいたあの頃。
思い出す記憶のどこに、彼女がいたのだろう。

甲子園常連校ということもあって、野球エリートばかりが集まっていて。
雅人も中学で野球はしていたけれど、一般入試での入学。
同じく一般入試組のノブとはとくに、悔しい思いもたくさんしながら頑張ってきた。

けれど、現在と過去の回想で描かれてる中で、
現在の感じから、当時の仲間たちとは何かあったんだなって感じます。
その出来事に向かって回想が進んでいきます。


高校生、あついですね。あつくて、単純で、青春だなーと。
作者の早見さんって、由伸監督と同じ高校の野球部だったんですよね。
だから、試合のシーンとか、高校球児の葛藤とか上手ですね。
高校球児って、実際にこんなに遊んでたのかしらん・・とちょっと気になりますが。。
雅人のお父さんがよかったです!!


今年も高校野球の季節がやってきましたね。
みんなそれぞれいろんな背景があって、あの舞台に立ってるんだなーと勝手に想像すると
なんかこみあげてきちゃいます◎


スポンサーサイト

| は その他 | 2017-08-06 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「95 キュウゴー」 早見和真

95.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
95年、渋谷。時代に抗うように、街を駆け抜けた、17歳の少年たちがいた。2015年の年末、37歳となった秋久のもとに母校の女子高生から連絡が届く。卒業制作のテーマとして「1995年」について調べているという。彼女と会った秋久は、自分の人生を変えたその年のことを語り始めた―。95年3月20日、地下鉄サリン事件が起きた。平凡な高校生だった秋久は、人の死に直面し動揺するなか、縁のなかった4人の同級生から渋谷のカフェに呼び出される。強制的に仲間入りさせられた秋久だったが、彼らとセンター街を闊歩し、刺激的な毎日を過ごすようになる。世界が劇的に変わるのを実感していた。だがある日、リーダー的存在だった翔が何者かに襲撃される。秋久は復讐を誓い、真犯人を捜すため行動に出るが…。


なぜか、いつもより画像が大きくなってしまいました・・

1995年の渋谷を舞台にした、高校生の青春物語です。
地下鉄サリン事件で初めて死を身近に感じた秋久ことQちゃんが
地味で平凡だった今までとは違う、新しい仲間たちと出会った95年、17歳の1年のお話。

仲間、タバコやビールの味、雑誌のモデル、初恋、そして、ケンカ etc..
初めて知ったいろんなこと。
ダサい大人にはなりたくないと、必死で駆け抜けた17歳。

そして、20年後、37歳となった彼らの姿は・・


わたしは、地下鉄サリン事件の日は小学校の卒業式でした。
だから、Qちゃんの17歳はわたしの中学生なんだけれど、出て来るワードは懐かしいものばかりでした。
いろんなドラマや音楽とか、、、ポケベルもめっちゃ使ってました◎

あの頃は良かったと言わない大人になろうと。
今が一番幸せと笑って言える大人になろうと。
17歳の彼らは夢見ます。

ほんとその通りですよね。
わたしもそれ意識してます◎

| は その他 | 2017-03-26 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「海の見える街」 畑野智美

海の見える街

内容(「BOOK」データベースより)
この街でなら、明日が変わる。海が見える市立図書館で働く20、30代の4人の男女を、誰も書けない筆致で紡ぐ傑作連作中編集。


「海の見える街」といえば
魔女の宅急便をイメージしました。あの曲ですよねー

海が見える図書館で働く4人の男女の物語です。
4人それぞれの視点の4章から成り立っています。

主人公の本田と、後輩の日野さん、新人の春香ちゃん、本田の同期の松田くん。
この4人の微妙の思いが行き通う日常の物語です。

タイトルのイメージより、内容はちょっとだけヘビーですね。
それぞれ、自分の気持ちがありながら素直に出せない。
10年も片想いしてたり、過去の恋愛を忘れられなかったり、
女の子として、得する子、損する子、、、だったり。
ちょっと遅れた青春といえばそれまでですが。

4人それぞれの思いが交差します。

読みやすくてさらっと読めるのですが、
ラストでキュッと展開したり、松田くんのその後が気になったりとモヤモヤも拭えず。

けど、面白く読めました◎
海の見える図書館で働いてみたーーーーい。




| は その他 | 2016-06-26 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「みんなの秘密」 畑野智美

みんなの秘密

内容(「BOOK」データベースより)
仲良し3人組だったわたしたちには、みんな、人には言えない秘密があった―優しさ。悪意。淡い恋心。胸が痛くなる嘘。見て見ぬふり。嫉妬。言い訳。仲間になるために犯さないといけない罪―。退屈な日常から脱出するため、中学2年生は、あちら側に一歩、ふみ出す。


前にこの作者さんの読んだことあって、すっごい爽やか青春ものって印象があって
この本も表紙の感じからそんなイメージでしたが。。

主人公は中学2年生の美羽。
クラスの中では目立つグループでも、地味なグループでもない、普通な感じ。

いつも一緒にいる紗弥ちゃん、奈々ちゃん。
目立つグループの女の子たち、男の子たち。
地味な女の子たち。
いじめられてる男の子。
クラスにはいろんな子がいて、憧れたり、嫉妬したり、優越感に浸ったり、嘘ついたり、媚びたり、
万引きや、窃盗や、放火や、暴力や、だけどそんな中で恋心もあったり。

よくあるスクールカースト。
これがリアルなの?!
ならば、やだなあーと思うくらい、誰にも共感出来なかったなあ。
年のせいなのかしら。。

| は その他 | 2016-03-29 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ロスト・ケア」 葉真中顕

ロスト・ケア

内容(「BOOK」データベースより)
社会の中でもがき苦しむ人々の絶望を抉り出す、魂を揺さぶるミステリー小説の傑作に、驚きと感嘆の声。人間の尊厳、真の善と悪を、今をいきるあなたに問う。第16回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。


読み応えありました◎

ある男の裁判の判決から始まります。
罪状は32件の殺人。。
そしてその裁判を見つめる遺族や関係者たち。

そして、5年前に遡ります。
このお話しの中心は、介護ですね。
父を高級有料施設にいれる検察官の大友。
母の介護をするシングルマザーの羽田。
介護施設で働く斯波など、
彼らの視点と、冒頭の男<彼>の視点で描かれています。

思わぬところから繋がる一連の事件。
犯人は誰かのミステリーなんだけど、高齢化社会、介護問題など日本の深い闇に切り込んだ重たいテーマです。
いや、すごかった。
わたしにはまだ介護が必要な家族はいないので、これが現実かと思うと怖くなりますね。

ひさびさに、一気読みでした。
葉真中さん、初めてだったので他のも興味ありです◎

| は その他 | 2016-03-27 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>