• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「リカ」 五十嵐貴久

リカ

内容(「BOOK」データベースより)
本間隆雄は妻子を愛する、42歳のごく平凡なサラリーマン。軽い気持ちで始めたインターネットの「出会いサイト」でのナンパで、ある日「リカ」と名乗る女性と知り合う。当初はリカからのメールを楽しみにしていたが、徐々に常軌を逸していくリカの言動に脅えた本間は、携帯の番号を変え、連絡を断った。ほとぼりも冷めた頃、インターネットカフェを訪れた本間は、リカがネットを通じて異常な執念で彼を捜していることを知る。そしてリカの恐るべきストーキングが始まり、ついには娘にまで手を出した。意を決した本間は、“怪物”と化したリカと対決するが…。恐ろしすぎる心の闇。衝撃のノンストップホラー!第2回ホラーサスペンス大賞大賞受賞作。


読みました。「リカ」
爽やか系が多い五十嵐さんのデビュー作がこんなホラーだとは意外でしたね。

軽い気持ちで出会い系サイトに登録した42歳のごく普通のサラリーマン、本間隆雄。
サイトで出会ったリカという女性に、好感を持ち連絡しあうようになった。
だが、どんどん豹変していくリカに恐怖を感じだす本間。
そしてついに、リカの常識を逸脱するストーカー行為が始まっていく・・・

いやー、怖い・・・

ただ、続編「リターン」を先に読んでいたので、展開はわかってはいました。
わかってはいたけれど、それでも恐ろしい。。
普段ホラー系を読まないので、これを最初に読んでたら最後まで読めたかどうか。。

「リターン」でその後はわかってましたが、「リカ」はここで終わるのですね。
恐怖の妄想を掻き立てられますね、このラストは。

暑いこの時期に、とっても涼しくなる1冊デスネ。。
霊的なホラーよりも生身の人間の方がよっぽど怖い気がします。

スポンサーサイト

| 五十嵐貴久 | 2014-08-11 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「リターン」 五十嵐貴久

リターン

内容(「BOOK」データベースより)
高尾で発見された手足と顔がない死体、それは、10年前ストーカー・リカに拉致された本間だった。警察官を殺し、雲隠れしていたリカを追い続けてきたコールドケース捜査班の尚美は、同僚の孝子と共に捜査に加わる。捜査が難航する中、孝子と結婚の約束をした恋人・捜査一課の奥山から連絡が途絶えた。彼の自宅に向かった二人が発見したのは…。


五十嵐さんのデビュー作「リカ」の続編です。
ただ、「リカ」読んでないんですよね。。

トランクに入った死体が発見された。
その死体は、10年前リカに拉致された本間という男だった。

リカは10年前、出会い系で知り合った本間に執着し、警察官を殺し、本間の手足、そして目や鼻や舌までも切断した挙句、拉致し行方をくらました。
この10年、警察のコールドケース捜査官たちは必死でリカを探し続けたが、結局見つけることが出来ないままだった。

しかし、その本間が捨てられた。
死体を遺棄したのは間違いなくリカだ。
10年間追い求めたリカが再び姿を現した。
果たして、リカを逮捕することが出来るのか。

なかなか、グロい・・・ホラーと言ってもいいくらいの展開です。
ただ、前作「リカ」よりもマシ。。らしいですが、前作読んでない私にはこれだけでも結構。。

10年追い求めたリカ。
10年前の事件から今回の事件において、まったく証拠を残さない彼女。
追い求めるほど明らかになる彼女の異常さ。
まったく理解が出来ないほどの異常さ。

そしてラストに待ち受けるさらなるホラー。
このラストが一番ゾクッときました。

「リカ」も覚悟して読んでみようと思います◎

| 五十嵐貴久 | 2014-08-01 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「リミット」 五十嵐貴久

リミット


内容(「BOOK」データベースより)
「この番組が終わったら死のうと思います」深夜の人気ラジオ番組に一通のメールが届いた。ディレクターの安岡は自殺を止めるよう呼びかけたいと主張するが、周囲は大反対、番組は始まってしまう。ところがパーソナリティのカリスマ芸人・奥田が、突然メールの送信者を挑発、緊張が走り…。番組終了まで二時間。リスナーの命は?著者渾身のタイムリミット・サスペンス。


ある深夜のラジオ番組に届いた1通のメール。
今夜の番組を聴いてから自殺しようと思う。というリスナーからのメール。

番組で自殺を止めるよう呼びかけたいディレクター。
悪戯かもしれない、根拠もないのにそれは出来ないと反対する局側。

メールのことは伏せたまま番組は始まる・・・はずだった。
しかし、番組冒頭、人気芸人のパーソナリティーがしゃべった。
しかもメール送信者に怒りを込めて。

番組は2時間。
これが終わると本当に自殺者が出るのか。
もし本当なら、止めれるのか。
はたまた悪戯なのか。


面白い話だと思ったし、緊張感や臨場感もあってよかったんだけど、長いなーとも感じました。
なかなか展開がなく同じやり取りの繰り返しで。
たまに出てくるリスナーの描写も、後々どう生きてくるのかと思えばそうでもないし。

まあまあでした。


| 五十嵐貴久 | 2013-10-08 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ぼくたちのアリウープ」 五十嵐貴久

ぼくたちのアリウープ

内容(「BOOK」データベースより)
文武両道の超名門私立高・国分学園に奇跡的に合格、憧れのバスケ部に入部届を出したジュンペー。ところが、3年生が不祥事を起こして1年間対外試合禁止、とばっちりを食った2年生は、「入部は認めるが、何もするな」と1年生に言う。でも、クラスの平均点を下げに下げる「バカ王」ジュンペーには、もうバスケしかない。1年はツルと2人だけになるも、「勝てば練習参加、負ければ退部」を賭けて2年生に試合を挑むことに。ジュンペーとツルは、まずメンバーを集めようとしたのだが…。高校バスケを舞台にした青春小説。


五十嵐さんのちょーベタ青春小説です。

憧れの名門国分学園に奇跡的に合格したジュンペー。
目的は、バスケ部入部。

だけど、そのバスケ部は、3年生が不祥事を起こして1年間対外試合禁止の状態だった。
とばっちりを受けて残った2年生は、もう誰も信用できないと1年生の入部を拒否した。

入部希望の1年生はジュンペーの他に何人かいたけど、次々諦めて他の部へ移っていった。
残ったのは、ジュンペーとツルの2人。
そして、ジュンペーは「勝てば入部、負ければ退部」を賭けて2年生に試合を申し込む。
試合は、8月31日。
それまでに、人数を集め、そして強豪2年生に勝たなければならない。

そこから、ジュンペーの奮闘が始まります。
果たして試合に勝つことは出来るのだろうか。

バスケって体育の授業でしかしたことなかったけど、結構面白いスポーツですね。
タイトルのアリウープっていうのも、初めて知りました。
シュートの1つなんですね。

とても爽やかでベタで読みやすい青春もの。
でも面白いですよ◎


| 五十嵐貴久 | 2012-10-12 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「サウンド・オブ・サイレンス」 五十嵐貴久

サウンドオブサイレンス

内容(「BOOK」データベースより)
あたし夏子、高校一年生。クラスに春香っていう一人ぼっちでいるのを気にしない女の子がいた。いじめの経験があるあたしは、彼女がどうして平気なのかわかんなかった。でも彼女はそうするしかなかったんだ。耳が聴こえなかったから。春香をきっかけに、あたしはろう学校に通うダンス好きの美紗と知り合った。最初のうち、春香を美紗を避け、一緒にダンスすることも大反対。美紗が一人で練習をしているとき、同じように一人で踊る女子大生の澪さんと出会った。澪さんも耳が聴こえなかったんだ。生まれつき聴こえない、幼少期に病気で聴こえなくなった、最近事故で聴力を失った女子三人によるダンスチームが結成。あたしは彼女たちのマネージャーに。さらに、澪さんがコーチ(それも男性!)を引っ張ってきたんだけど、そのコーチもちょっといわくつきで、ダンスチームは波瀾万丈、もうたいへん!困難はあれど力をあわせて前向きに生きる、ポップな青春小説登場。


しばらく間があいてしまいました。
お盆休みも終わったし、また再開です◎

久々の五十嵐さん。
女の子の青春物語でした。

高1の夏子。
クラスでちょっと浮いてる春香。
夏子は気付いてしまったんだ。
春香の耳が聴こえないことに。

春香をきっかけに知り合ったろう学校に通うダンス好きの美紗。
美紗は春香に一緒にダンスをしようと誘うも断られ続けていた。

美紗はひとりで練習し、夏子は付き添う。
そんなとき同じように1人で練習している大学生の澪と出会う。
彼女もまた耳が聴こえなかった。

生まれつき聴こえない美紗。
5歳のとき病気で聴こえなくなった春香。
1年前に事故に遭い聴こえなくなった澪。
聴力を失った3人で結成したダンスチーム。
そしてマネージャーとなった、健常者の夏子。
みんなでコンテストを目指します。

困難なことがたくさんある彼女たちの、前向きな姿がキラキラしてます。
音楽は聴こえないけれど、ビートをリズムを感じて踊る。
人間出来ないことなんて無いんじゃないかと思えてきます。

うまく行き過ぎな感じもするけど、そんな展開もあっていいんじゃないかと◎
読後感とってもいいですもん。


| 五十嵐貴久 | 2012-08-18 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>