• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「告白の余白」 下村敦史

告白の余白

内容(「BOOK」データベースより)
家を出た兄が実家の農地の生前贈与を求めて突然帰ってきた。しかし、「2月末日までに清水京子という女性が来たら土地を譲渡してほしい」という遺書を記し自殺。兄はなぜ死んだのか。そして、女は何者なのか。期限の意味は。死の真相を知るため、弟の英二は一人京都へ向かうが―そこは、虚実入り混じる言葉で築かれた伝統の町。腹黒、嫌味、皮肉に塗れた“告白”が真実を覆い隠す。最後の1頁まで気が抜けない!表裏、黒白、真偽が次々と逆転するノンストップミステリ。


初めて読む作者さんです。

家出していた兄が、高知の田舎に4年ぶりに突然帰ってきた。
しかし、農地の生前贈与を求め、手続きが終わると、自殺した。
しかも遺書には、農地はある女性に譲渡して欲しいと・・
意味がわからない弟は真相を知るため、その女性・京子の住む京都へ向かった。

この兄弟、一卵性の双子なんです。英一と英二。
弟の英二は、英一を偽り、京子へ近づく。

京女は腹黒い。いけず。皮肉。裏の意味。。
京子の暮らす祇園の老舗のお店が立ち並ぶ街には、“よそさん”には理解できないことがたくさんあった。
そんな中で、果たして英二は誰の言葉を信じ、真相を知る事が出来るのだろうか。

わたし、京都が好きなので、京都が舞台のお話も好きでよく読みます。
ただ、この物語の京都は、わたしの知らない京都がたくさん描かれていました。
物語のカギは、この京言葉なんでしょうね。
この言葉をどうとるか。

英二は四十九日にも高知にも帰らないで・・といろいろイライラしちゃいますが、後半で一気に展開。
一気すぎて、重要そうなこともさらっと出してきちゃいましたねー

一卵性の双子は成りすませるものなのか気になるけれど、物語としては面白かったかな。
他のも読んで見ようと思います。

スポンサーサイト

| さ その他 | 2017-03-24 | comments:1 | TOP↑

>> EDIT

「君の膵臓をたべたい」 住野よる

君の膵臓をたべたい

内容(「BOOK」データベースより)
偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!


インパクトのあるタイトルです。
人気のようで図書館で予約してたら忘れた頃にきました。
このタイミングで膵臓かあーと個人的に思ったり。。


小さい頃から他人と関わらず、友だちも必要とせずに生きてきた僕。
ある日、偶然見てしまった1冊の文庫本は、クラスメイトの桜良の日記だった。
その中に書かれていた、彼女の秘密を知ってしまってから、僕の毎日が一変する。

僕とは正反対の桜良。
彼女に振り回されながらも、二人で過ごす時間が増えていく。

青春ですね。
二人の会話はいいですね。
噛み合ってるのかないのか、けど心地いい感じ。
だけど、彼女の秘密がね。
こういうのはあんまり好きではないんだけど、意外な展開を見せてくれました。

選択のうえに生きてるっていうの、いいですね。
偶然も、全部自分が選択してきた結果。
自分次第で、どっちにも転がっちゃうんだなーって。

泣けはしませんでしたが、高校生でこれだけの恋愛出来たら幸せですね◎
君の膵臓をたべたいって。

| さ その他 | 2016-06-23 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「きょうのできごと、十年後」 柴崎友香

きょうのできごと、十年後

内容(「BOOK」データベースより)
十年前、京都の飲み会に居あわせた男女。それぞれの時間を生きた彼らは、30代になり、今夜再会する。せつなく、おかしい、奇跡のような一夜の物語。


映画にもなった「きょうのできごと」の十年後を描いた続編です。
大学院に進学する友人の引越し祝いに集まった男女7人の1日を描いた前作から、10年たち30歳を過ぎた彼ら。

学生だった彼らは、10年経ちそれぞれの場所で、それぞれの道を歩んでいた。
そんな中、京都でお店をしている中沢の五周年パーティーに懐かしい顔が揃う。

舞台が京都ということもあって、懐かしい気持ちになります。
楽しい笑いの中にも、なんだか切なさもあって。
特別なことが起きるわけではないそれぞれの1日の出来事なんだけど
雰囲気が好きです◎

わたしも京都を離れて10年ちょい。
今日は誕生日ということもあって、懐かしい京都の友だちからも連絡がきました。
京都はわたしにとって、やっぱり特別です◎

| さ その他 | 2015-04-07 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「仮面同窓会」 雫井脩介

仮面同窓会

内容(「BOOK」データベースより)
高校の同窓会で、久しぶりに再会した旧友4人。かつて生徒を囚人扱いしていた教師・樫村の変わらぬ姿を見た彼らは、恨みを晴らそうと仕返しを計画。予定通り、暴行して置き去りにするも、翌日なぜか樫村は暴行現場から2km離れた溜め池で溺死体となって発見された。いったいなぜ?そして、4人のうち誰が彼を殺害したのか?それぞれが疑心暗鬼に陥る中、新たな犠牲者を出した殺人事件が、高校時代の衝撃的な秘密を浮き彫りにさせる。過去と決別できない者たちを巧妙に追い詰めていく悪魔の正体とは?


久々に、寝る間を惜しんで読みました。
・・・が、みなさんの評判はあまりよくないようですネ。
個人的には面白かったんですけどね~◎

高校の同窓会で久しぶりに再会した洋輔たち4人。
彼らは当時、生徒指導の体育教師、樫村から散々体罰まがいのことを受けていた。
同窓会で数年ぶりに樫村を見た4人は、復讐を計画する。

復讐と言っても危害を加えるつもりはなく、ちょっと懲らしめてやるくらいのつもりだった。
しかし、彼らの復讐は思わぬ展開を見せることとなる。

まあまあ、ほんと思わぬ展開ですね。
いろんな意味で◎
ミスリードされてる感もたっぷりです。
たっぷりすぎて、逆に騙されないくらい。。
そして何より、後味悪いです。

でもこういう展開は嫌いじゃないので、個人的には面白く読めました◎


| さ その他 | 2014-05-27 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ヒーローインタビュー」 坂井希久子

ヒーローインタビュー

内容(「BOOK」データベースより)
仁藤全。高校では42本塁打を放ち、2000年に阪神タイガースの8位指名を受け入団。強打の外野手として期待されたものの伸び悩み、2010年までの10年間で171試合に出場、通算打率2割6分7厘で8本の本塁打に終わる。もとより、ヒーローインタビューのお立ち台に上ったことはない。しかし、彼について語るところのある者にとって、仁藤はまぎれもなく英雄だった―。彼の担当スカウト、好意を寄せる女性、タイガースで後輩にあたるドラ1投手、因縁浅からぬドラゴンズのベテラン左腕、高校時代に野球部でバッテリーを組んでいた男、それぞれが語る、ひたむきなプロ野球選手が輝いた一瞬。


阪神タイガースの仁藤全。
ドラフト8位で入団するも、1軍と2軍を行ったり来たりで、10年間ぱっとしない成績だった彼。
もちろんヒーローインタビューも1度もなかった。

だけど、彼を知る人たちにとって、彼は間違いなくヒーローだった。
彼をスカウトした者、後輩のドラ1投手、ドラゴンズのベテラン投手、そして、好意を寄せる女性etc.

彼の周りの人たちが語る仁藤全の物語です。

野球の話なんだけど、人間ドラマの方がメインですかね。
仁藤全は架空の人物ですが、チームメイトや相手投手などは、実際にいる選手をモデルにされてるんでしょうね。

カープファンだけど、面白く読めました◎
いいお話しだったな~ってじーんと来る感じでした。



| さ その他 | 2014-05-05 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>