• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「殺人出産」 村田沙耶香

殺人出産

内容(「BOOK」データベースより)
今から百年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」で人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日、突然変化する。表題作他三篇。


表題作を含む4篇です。
どれもいまから100年ほど先の世界を描いたものです。

その世界では、セックスと出産がイコールではなくなってきて、極端に人口が減っていた。
そこで作られたシステムが、殺人出産システム。
10人産んだら1人殺してもいい という・・
命を奪うものが命を作る役目を担う。
その人は産み人と言われ、崇められる始末。
しかも、男性も人口子宮によりその役目を果たせるという。

なんというか、ぶっとんだ世界でした。
育子の姉は10代の頃から産み人となり、そろそろ10人目の出産が近い。
姉は、誰を殺したいと思ってるのだろう。

その他にも
恋人は2人ではなく、3人で付き合うのが流行る「トリプル」
性を可能な限り排除した「清潔な結婚」
医学が発達し、自分のタイミングでしか死ねなくなった「余命」

どれも、いつかほんとにこんな世の中が来るのか、、とちょっとぞっとするお話しばかりでしたが
案外ありえそうな感じもして、面白かったです◎


スポンサーサイト

| ま その他 | 2017-08-01 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「火花」 又吉直樹

火花

内容(「BOOK」データベースより)
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。


ご無沙汰してます。。
夏休みももうすぐ終わりですね。このブログも夏休みしちゃいました。。
毎年アクセス数が増えるこの時期、誰かの読書感想文の役に立てたのかな。

今さらですが、「火花」
いつか予約してたのが忘れた頃にきました。
売れない芸人の徳永と、師と慕う先輩の神谷さん。
ひたすら面白いことを追い求め続ける彼らの人生のお話しです。

これ、感想書くの難しいですね。
芥川賞作品はなんとなく苦手意識があって。
文学的な文章とか哲学的な表現とか、大きな出来事がなく淡々と進んでいくイメージがあって。
これも最初は読みにくかったけれど、やっぱり話題作ということもあって最後までは読まないと!!と読んでました。

作家ではなく、芸人又吉さんだから描けるお話しですね。
たくさんの芸人さんの思いが伝わってくるような。

内容の感想については書けてないけれど、スパークスのライブネタは良かったです。
さすが◎


| ま その他 | 2016-08-28 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「さよなら神様」 麻耶 雄嵩

さよなら神様

内容(「BOOK」データベースより)
隣の小学校の先生が殺された。容疑者のひとりが担任の美旗先生と知った俺、桑町淳は、クラスメイトの鈴木太郎に真犯人は誰かと尋ねてみた。殺人犯の名前を小学生に聞くなんてと思うかもしれないが、鈴木の情報は絶対に正しい。鈴木は神様なのだから―(「少年探偵団と神様」)。衝撃的な展開と後味の悪さでミステリ界を震撼させた神様探偵が帰ってきた。他の追随を許さぬ超絶推理の頂点がここに。


この作者さん、初めて読みました。
「神様ゲーム」の続編?派生?みたいですが、そちらは未読でしたが大丈夫でした。

小学校を舞台にした連作短編集ですが、どの話もまず冒頭から「犯人は○○だよ」ってズバリ名前が出てきます。
それを言うのは、クラスメイトの神様こと鈴木くんです。

鈴木は、本人曰く神様らしい。
確かに、超能力のような千里眼のようなものを持っていて、クラスで起きた事件の犯人を当てて以来、同級生も信じてる人が多い。
なので、少年探偵団の桑野淳は、身近で起きた殺人事件の犯人を鈴木に尋ねると、冒頭の言葉が返ってくるのだった。

その犯人が知ってる人だったり、知らない人だったり。
でも、鈴木のことを100%信じていない淳は、少年探偵団と真相を探るというお話しです。

この子たち、本当に小学生?!というような会話が繰り広げられます。
そして、身の回りで殺人事件が多発しすぎです・・・

読みやすいんだけど、内容はなかなかです。
歪んでますね~
読後感がなんとも。

けど、これがこの作者さんらしいです。
他のも読んでみようと思ってしまいました◎

| ま その他 | 2015-09-23 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ミーコの宝箱」 森沢明夫

ミーコの宝箱

内容(「BOOK」データベースより)
生まれてすぐに両親に捨てられ、祖父母に育てられたミーコの特技は、毎日、「小さな宝物」を見つけること―。孤独と不安のなかにも、一縷の希望を探し続けるミーコの半生を、祖父、同級生、教師、ボーイフレンド、そして愛する娘・幸子の視点で切り取った感涙のハートフル・ストーリー。


これまた初めて読む作家さんです。
タイトルで手に取りました。
わたしもこう呼ばれてましたから◎

風俗嬢と介護士として働くシングルマザーのミーコ。
産まれてすぐに両親に捨てられ祖父母に育てられた。
優しい祖父ととっても厳しい祖母に。
そんなミーコをめぐる連作短編集です。

1話目はミーコが主人公の話。
2話目からはミーコの周りの人たちが主人公のお話です。

周りから見たら、不幸な生い立ちのミーコ。
だけど、彼女には祖父母から教えてもらった幸せの秘訣を持っていた。
彼女と関わった人たちは、みんな彼女から大事なことを教わっていく。

1話目のSM嬢の話を読んだときは、こんないい話しが読めるとは思いませんでした。
うん、好きです。
祖父が主人公の2話目がいいですね。

日々の生活の中で小さな宝物は溢れていて。
それに気付くか気付かないかは、その人の心次第で。
どんな環境でも、心が貧しくさえならなければ、それは幸せなことですね。
今年最後に、いいお話し読みました◎


| ま その他 | 2014-12-31 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

内容(「BOOK」データベースより)
良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。


数年前に話題になった1冊です。
ずーっと昔に「ノルウェーの森」を読んで以来、この方の本は2冊目です。
合わない・・・ってずっと思ってたので。

タイトルにもある、多崎つくるのお話です。
今は36歳。東京で駅を作る仕事をしている。

高校時代、仲良し5人組の仲間がいたけれど、大学のとき理由もわからず4人から関係を断たれた。
その後しばらくは死ぬことばかり考えていた程しんどかったが、結局16年間4人と1度も会わず今に至っていた。
そして、今回16年ぶりに彼らを訪ねることにした。当時何があったのか知るために。

うん。
こうやって書くと普通な感じですね。
でも内容はとっても文学的というか、哲学的というか。
主人公や彼女、そして高校時代の友だちたちの考え方や発言が、現実離れした感じでね。
そして結論はすべてこちらに委ねられたような。

この雰囲気が、村上春樹の世界なんですかね。
ハルキストにはやっぱりなれそうにないかも。

「ノルウェーの森」とよく似てると感じたんだけど、彼の作品はどれもこんな感じなのかな。
違った雰囲気のがあれば読んでみたいと思ったけれど、何かオススメありますか??


| ま その他 | 2014-05-10 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。