• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「64」 横山秀夫

64.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。


7年ぶりの新作です。
分厚さと値段にちょっと怯んでしまいましたが、結局買っちゃいました◎

7日しかなかった昭和64年。
そのお正月に少女誘拐事件は起こった。通称ロクヨン。
それから、14年の月日が経っても事件は未解決のままだった。
時効を目前に、東京から警視庁官が視察にくることとなった。

遺族との交渉を任された広報官の三上。
長年刑事としてやってきて、ロクヨンのときも現場にいた彼は、いまは警務部の広報官。
主に、記者相手の毎日だった。

遺族は警視庁官の視察を断った。
なぜ。何か引っ掛かる。
事件から14年。遺族と警察の間に何かあったのか?

というあらすじは、ほんの触り・・・というか、1部というか・・・、これが説明になってるのかどうかも謎。
なんせ、怒涛の展開にあらすじ書けません!!
もっともっといろんなことが起きてるんです。
記者との対立。
刑事部と警務部の対立。というかもう戦争ですね。
組織って怖い。

わたしたちから見たら1つの警察。
だけど、その内では一般人には計り知れないものが渦巻いてました。
その狭間に落ちた三上の葛藤がもうつらい。。

だけど、そんな怒涛の展開もラストで終結へ向かいます。
もう、鳥肌でした。
こんな感覚ひさしぶり。


三上の元上司、松岡がかっこよかったです◎



スポンサーサイト

| 横山秀夫 | 2012-11-05 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「看守眼」 横山秀夫

看守眼

内容(「BOOK」データベースより)
いつか刑事になる日を夢見ながら、留置管理係として過ごした近藤。まもなく定年を迎える彼は、証拠不十分で釈放された容疑者の男を執拗に追う。マスコミを賑わした「死体なき殺人事件」の真相を見抜いたのは、長年培った「看守の勘」だった。(『看守眼』)ほか、短篇の名手の本領発揮、人生の一瞬を切り取る渾身の小説集。


横山さんの短編集。表題作含む6編です。

警察官のお話もあり、新聞社や家裁調停員、知事の秘書などのお話しもあり、
ただ、どの主人公も自分の職務に対して、何かしら失敗?失態?をします。

そのときどうするのか。
何が大事なことなのか。
それぞれ主人公の違いが面白いです。

何か後ろめたいことがあるとき、人間の本性って出るんですかね。

これがいい!!って特に思うのはなかったけれど、どれも面白く
ハズレがない作者さんだなーと改めて思いました。


| 横山秀夫 | 2012-10-18 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「真相」 横山秀夫

真相

内容(「BOOK」データベースより)
犯人逮捕は事件の終わりではない。そこから始まるもうひとつのドラマがある。―息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」、選挙に出馬した男の、絶対に当選しなければならない理由「18番ホール」など、事件の奥に隠された個人対個人の物語を5編収録。人間の心理・心情を鋭く描いた傑作短編集。


図書館でなんとなく借りた本。
読み出してすぐ、気付きました・・・
あ、この本読んだことある。。
そんなことがよくあるので、ブログ始めたんですが、まだまだ記録しきれてないようです。


横山さんの短編集です。
短編でも、しっかり読み応えありという感じです。さすが。

5編収録ですが、まあどの登場人物もみんな重たいもの背負った人ばかりです。
過去にとらわれているというか。
そんな人間の心理がうまく描かれています。

読後の後味は悪いというか、怖いのが多いですが、そういうのは好きなのでとても面白かったです◎

とくに「18番ホール」が印象的でした。
後ろめたいことがあるからこそ猜疑心に苛まれた人間の心理。
おそろしい・・・



| 横山秀夫 | 2012-02-24 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「臨場」 横山秀夫

臨場

内容(「BOOK」データベースより)
臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。人呼んで『終身検死官』―。組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに描いた傑作警察小説集。全八編。


ドラマは見てなかったんですが、人気だった「臨場」
事件現場に行き初動捜査を行なうことを、臨場というそうです。

検死担当の調査官、倉石の腕は抜群だった。
死体を見ただけで、自殺と思われたものも他殺と読み、他殺と思われたものも事件性なしと見る。
そんな彼をめぐる8編の短編集です。

とても読みやすくて、面白かったです。
鋭い観察眼をもち、数々の死体を見てきた倉石。
自分の目だけを信じて事件に向かう姿はかっこいいです。

特に気に入ったのは、「真夜中の調書」「十七年蝉」です。
倉石がいなかったら、真相はきっとわからなかった事件。

死んだ人にもみんなそれぞれの人生があった。
その終末の姿にそれを読み取る人がいてくれると、無念に死んだ人も少しは救われるのかもしれない。


| 横山秀夫 | 2011-12-21 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ルパンの消息」 横山秀夫

ルパンの消息

内容(「MARC」データベースより)
15年前に自殺として処理された女性教師の墜落死は、実は殺人事件だった。時効まで24時間。捜査陣は15年前の「ルパン作戦」に遡り…。著者がデビュー前に書いた幻の処女作。第9回サントリーミステリー大賞佳作受賞作。


警視庁にもたらされた1本のタレコミ。
15年前に自殺として処理された女教師の転落事件は、実は殺人事件だったと。
犯人は当時生徒だった3人の男子学生だと。
時効まであと24時間。


導入部分だけで、ワクワクするようなストーリーです。


当時関わってたと思われる男子生徒の供述で話が進んでいきます。
キーとなるのは、彼ら3人が決行した「ルパン作戦」。
ルパン作戦とは?それと女教師の殺人事件との関わりは?

不良生徒だった3人は、15年経って、さまざまな人生を送っていました。
家庭を持って幸せに暮らすもの。当時のまま外れた道をゆくもの。ホームレスになったもの。

彼らの供述で近づいてくる真相。
だけど見えてきそうで、なかなか見えてこない核心部分。
苛立つ捜査陣。
当時の関係者をすべて集め、最終的にたどり着いた真相とは?


面白くて、一気読みでした。
それにしても、これ処女作らしいです。
才能ある人ってすごいですね。感心。


| 横山秀夫 | 2011-09-15 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。