• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ここに死体を捨てないでください!」 東川篤哉

ここに死体を捨てないでください!

内容(「BOOK」データベースより)
「死んじゃった…あたしが殺したの」有坂香織は、妹の部屋で見知らぬ女性の死体に遭遇する。動揺のあまり逃亡してしまった妹から連絡があったのだ。彼女のかわりに、事件を隠蔽しようとする香織だが、死体があってはどうにもならない。どこかに捨てなきゃ。誰にも知られないようにこっそりと。そのためには協力してくれる人と、死体を隠す入れ物がいる。考えあぐねて、窓から外を眺めた香織は、うってつけの人物をみつけたのであった…。会ったばかりの男女が、奇妙なドライブに出かけた。…クルマに死体を積み込んで。烏賊川市周辺で、ふたたび起こる珍奇な事件!探偵は事件を解決できるのか?それとも、邪魔をするのか?驚天動地のカタルシス。


妹から、突然部屋に入ってきた女を殺してしまった・・・と連絡を受け、妹の代わりに事件を隠蔽しようと部屋へ行った有坂香織。
誰だか分からない女の死体をとりあえず捨てようと試みる。
偶然出会った男、鉄男の協力のもと、死体を捨てることに成功し、近くのペンションへ泊まることにした。

死体は山田慶子という女だった。
彼女は前日、鵜飼探偵事務所に「クレセント荘で不穏な動きがある」と連絡してきて、翌日伺うと約束していた。
彼女が現れなかった探偵事務所では、とりあえずクレセント荘へ向かうこととにした。

そして、クレセント荘で探偵たちと香織たちは出会う。
さらにそこでも事件が起きる。

勘違いから始まり、どんどん複雑になっていった事件の真相は果たして。

いつもの登場人物、鵜飼探偵事務所の鵜飼、流平、朱美たち。
砂川警部、志木刑事。
それに加えて、香織と鉄男コンビ。
相変わらずのドタバタ劇です。

ユーモアというよりコントのような会話がずーっと続きます。
EXILEは笑っちゃったなー◎
でも、トリックはお見事でした。




スポンサーサイト

| 東川篤哉 | 2013-05-06 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「放課後はミステリーとともに」 東川篤哉

放課後はミステリーとともに

内容(「BOOK」データベースより)
私立鯉ケ窪学園高等部副部長・霧ケ峰涼の周辺にはなぜか事件が多発する。校舎から消えた泥棒、クラスメ-トと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動―はたして解決できるのか…。


探偵部副部長、霧ヶ峰涼。
この家電製品のような名前の涼が、校内でおきる事件を解決していく学園ミステリー。
と言っても、解決できてるのかは謎ですが・・・

1話目からまんまと騙されますね。
面白い。

そしてなにより、涼の愛する広島カープネタが散りばめられて、カープ好きにはさらに楽しめます◎

相変わらず軽くて読みやすい東川さんです。
これもドラマになってたんですね。
全然知りませんでした。

| 東川篤哉 | 2012-06-24 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「完全犯罪に猫は何匹必要か?」 東川篤哉

完全犯罪に猫は何匹必要か?

内容(「BOOK」データベースより)
『招き寿司』チェーン社長・豪徳寺豊蔵が破格の金額で探偵・鵜飼杜夫に愛猫の捜索を依頼した。その直後、豊蔵は自宅のビニールハウスで殺害されてしまう。なぜか現場には巨大招き猫がおかれていて!?そこでは十年前に迷宮入りした殺人事件もおきていた。事件の鍵を握るのは“猫”?本格推理とユーモアの妙味が、新しいミステリーの世界に、読者を招く。


刑事の砂川警部と志木刑事、探偵の鵜飼と戸村流平が登場する「烏賊川市シリーズ」第3弾です。
2弾をすっ飛ばして3弾を読んじゃいました。

豪徳寺豊蔵は、探偵の鵜飼に愛猫ミケ子の捜索を依頼した。
だけど、その直後に彼はビニールハウスの中で殺されてしまった。
しかも、ビニールハウスの入口には、巨大な招き猫が置かれていた。
招き猫の意味は?
10年前に同じビニールハウスで起きた殺人事件と関係があるのか?

タイトル通り、終始、猫だらけです。
あと、招き猫。

ミステリーとしても面白いけど、やっぱり登場人物たちの会話が面白いですね。
ユーモアたっぷり。


| 東川篤哉 | 2012-06-11 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「密室の鍵貸します」 東川篤哉

密室の鍵貸します


内容(「BOOK」データベースより)
しがない貧乏学生・戸村流平にとって、その日は厄日そのものだった。彼を手ひどく振った恋人が、背中を刺され、4階から突き落とされて死亡。その夜、一緒だった先輩も、流平が気づかぬ間に、浴室で刺されて殺されていたのだ!かくして、二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の運命やいかに?ユーモア本格ミステリの新鋭が放つ、面白過ぎるデビュー作。


東川さんのデビュー作です。
ユーモアたっぷりの、でも本格ミステリーです。

就職は決まったけれど、彼女にふられた大学生の流平。
その元カノが殺された。
そのとき流平はすぐ近くの先輩の家にいた。
唯一流平のアリバイを証明してくれるはずの先輩も、お風呂で殺されていた。
しかも、ドアには中からチェーンロックがしてあるし窓も施錠してあった。
先輩の部屋には、先輩の死体と流平だけ。

この密室が解けない限り、犯人になってしまう流平。

疑いを晴らそうとする流平と私立探偵の鵜飼。
流平を追う刑事の砂川と志木。

果たして事件の真相は・・・


流平は必死なはずなのに、人が2人も死んでるのに、そうとは思えないゆるーい雰囲気が漂っています。
笑っちゃう会話はいっぱいで、でも事件の真相は結構本格的で、サラッと読める割には満足です。

これシリーズものみたいなので、他のも読んでみようって思いました◎



| 東川篤哉 | 2012-04-30 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「館島」 東川篤哉

館島

内容(「BOOK」データベースより)
巨大や螺旋階段の下に倒れていた当主の死因は、転落死ではなく墜落死だった!?天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘にふたたび事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致(!)で描いた意欲作。『密室の鍵貸します』でデビューした気鋭が放つ、大トリックと謎解きの面白さを楽しめる本格ミステリ。


最近よく見かけるこの方の本。
「謎解きはディナーのあとで」しか読んだことなかったので、他にどんなの書くんだろうと、たまたまあったこの本を借りてみました。

天才建築家十文字和臣が、瀬戸内海に浮かぶ島に建てた自分の別荘で墜落死をした。
事件は未解決のまま、半年後、彼の奥さんが当時の事件関係者を再び別荘に呼び寄せる。
そしてそこでまた殺人が起きる。
招待客の中にいた刑事、相馬と、女探偵、沙樹が事件解決に挑みます。

展開としてはよくあり気な・・・という感じです。
犯人も意外と言えば意外だけど、動機がちょっと弱いなーと思ったり。
ただ、トリックはなかなかすごいなと思いました◎

興味深かったのは、時代背景ですかね。
瀬戸大橋がかかる少し前です。基礎工事は済んであと数年で完成するという頃。
わたしが小学校に入る前くらいに、瀬戸大橋は開通しました。
今では瀬戸大橋も、しまなみ海道もあって、わたしの地元からは車でばんばん四国にも遊びに行ける環境ですが、それもここ10~20年なんだなーと改めて思いました◎

天然お嬢様や抜けてる刑事は、昔からの東川さんの登場人物キャラなんだなーと納得。


| 東川篤哉 | 2011-12-12 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>