• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

「かいぶつのまち」 水生大海

かいぶつのまち

内容(「BOOK」データベースより)
演劇大会の前日、出演者たちが次々に体調を崩し、上演作品「かいぶつのまち」に見立てたかのように主人公に繰り返し凶器が届く。元「羅針盤」メンバーは、後輩との壁の大きさに戸惑いながらも、その隙間に巣くう「かいぶつ」を探し始める。心打つ青春ミステリー。


「少女たちの羅針盤」の続編です。
高校を卒業して5年経った元「羅針盤」のメンバーたちが、母校の演劇部の全国大会を見に行きます。

母校橘高の出番は2日目の1番目。
大会1日目、つまり本番前日、顧問や出演者たちが次々と体調を崩す。
しかも主役を演じる生徒には何度もカッターが送りつけられていた。

果たして、誰がそんなことしているのだろう。
同じ部内のメンバーを疑う生徒たち。
元羅針盤のメンバーたちは、真実を知ろうと探ります。

当時よりちょっと大人になった羅針盤の子たち。
楽しかったいい思い出だけじゃない高校時代だけど、いまその高校生活を送っている後輩を見ると、懐かしくも、もどかしくも、そして羨ましくも思う彼女たち。
うん、わかります。

犯人は意外といえば、意外です。
最後の追い詰めるシーンは、演劇部ならではですね。


まあ何より
羅針盤の彼女たちが元気で、ぞれぞれ迷いながらも自分の道を進んでいたことが良かったです◎

スポンサーサイト

| 水生大海 | 2011-12-14 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「少女たちの羅針盤」 水生大海

少女たちの羅針盤

内容(「BOOK」データベースより)
女子高校生四人組の演劇ユニット「羅針盤」。ストーリーとコンクールでその名を知らしめたが、メンバーの突然の死によって活動を停止する。それから四年の月日を経て、―復讐は始まる。島田荘司選第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞作。


過去を隠して女優として活動する舞利亜。
彼女は、高校生のとき女子高生4人で結成された劇団「羅針盤」で活躍していた。
だけど、メンバーの一人の死によって活動は停止していた。
そして4年の月日を経て、誰かが舞利亜に脅迫してくる。
メンバーを殺したのは舞利亜だと。

現在と4年前が交互に語られます。
そして、現在のパートで全てが明らかになります。

羅針盤のメンバーだったのは、留美、バタ、かなめ、蘭。
舞利亜は誰なのか。
殺されたのは誰なのか。
脅迫しているのは誰なのか。
全てが謎でどんどん引き込まれていきます。

また、4年前のパートの彼女たちは高校生全開で、青春です。
ミステリーとしても面白いけど、青春小説としてもGOODでした。

ちなみに
この作品は、わたしの地元の文学賞優秀賞作品です。
映画化ロケも、全部地元で行なわれてました◎
まだ、DVD見てないんですけど・・・


| 水生大海 | 2011-11-02 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |