• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「空耳の森」 七河迦南

空耳の森

内容(「BOOK」データベースより)
まだ早い春の日、思い出の山を登るひと組の男女。だが女は途中で足を挫き、つかの間別行動をとった男を突然の吹雪が襲う。そして、山小屋でひとり動けない女に忍び寄る黒い影―山岳を舞台にした緊迫のサスペンス「冷たいホットライン」。孤島に置き去りにされた幼い姉弟の運命を描く「アイランド」。ある不良少女にかけられた強盗の冤罪をはらすため、幼なじみの少年探偵が奔走する「さよならシンデレラ」。居酒屋で男が安楽椅子探偵に遭遇する「晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)」…『アルバトロスは羽ばたかない』で一躍注目を浴びた鮎川哲也賞受賞作家の本領発揮。一編一編に凝らされた職人的技巧に感嘆すること間違いなしの、バラエティに富んだ九編を収める。


少し放置してました。。
いろいろ読んでたけどなかなか感想書けなくて。

9編収録です。
この作者さんには、ほんと騙されます。
1編1編に張り巡らされたトリックはすごいです◎

しかも、1話2話と読んでいってふつうに短編集だなーと思ってたけれど、
途中からこれは連作短編集だったんだーと思ってたら、
最後には、「七つの海を照らす星」「アルバトロスは羽ばたかない」の七海学園シリーズの続編だと気付きました。
繋がってたんですね~

前2作を読んだのは結構前だったので記憶が乏しいのがちょっともったいないですが、ラストの展開は「これは!!」とさらなる続編を期待できそうないい予感です◎

1作目から読むのオススメしますよ。

スポンサーサイト

| 七河迦南 | 2013-06-16 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「アルバトロスは羽ばたかない」 七河迦南

アルバトロスは羽ばたかない

内容(「BOOK」データベースより)
児童養護施設・七海学園に勤めて三年目の保育士・北沢春菜は、多忙な仕事に追われながらも、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明に励んでいる。そんな慌ただしい日々に、学園の少年少女が通う高校の文化祭の日に起きた、校舎屋上からの転落事件が影を落とす。警察の見解通り、これは単なる「不慮の事故」なのか?だが、この件に先立つ春から晩秋にかけて春菜が奔走した、学園の子どもたちに関わる四つの事件に、意外な真相に繋がる重要な手掛かりが隠されていた。鮎川哲也賞作家が描く、季節を彩る五つの謎。『七つの海を照らす星』に続く、清新な本格ミステリ。


なんかどんでん返しのものが読みたいと探してたら、評判の良かったこの本。
これを読むには、「七つの海を照らす星」から読んだほうがいいということで、そちらから読み、やっとこの本を読めました◎

前作に続き、児童養護施設「七海学園」を舞台にしたミステリー。
七海高校で起きた転落事件の章・冬の章と
七海学園の日常の事件の章・春、夏、秋の章が交互に描かれて話しは進みます。

すっかり騙されたので、あらすじが書きにくいです...
真相がわかったときは、ビックリ!!というより、混乱でした。
えー!!です。

この1冊でも楽しめますが、前作から読んだらより楽しめると思いました。
おすすめ◎


| 七河迦南 | 2012-03-08 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「七つの海を照らす星」 七河迦南

七つの海を照らす星

内容(「BOOK」データベースより)
様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。


児童養護施設「七海学園」で起こるいろんな不思議な出来事。

学園で保育士をしている春菜は、子どもたちとの関わりを通して謎を解決していきます。
事件というより、謎ですね。

いろんな事情で学園に預けられた小学生から高校生までの子どもたち。
でも春菜の雰囲気のせいか、お話は重たくなく、終始明るい雰囲気です。
普段知ることのない児童養護施設や児童相談所のことが興味深かったです。

連作短編集で1つずつのお話しですが、ちゃんと最後にまとまります。
なかなか強引ですが、あっ!!となりました。

面白かったのは、「滅びの指輪」かな。
うまく出来たお話しでハッピーエンドのようだけど、ちょっとゾクッとするラストの感じが好きです。


あと、全部読んで作者さんの名前見ると、おお!!ってなります。
続編「アルバトロスは羽ばたかない」も読んでみようと思います。

| 七河迦南 | 2012-02-23 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。