• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「サンブンノニ」 木下半太

サンブンノニ

内容(「BOOK」データベースより)
銀行強盗で得た大金を山分けし、日本各地に潜伏していたシュウ、コジ、健さん。だが3人とも“川崎の帝王”破魔翔に見つかり、連れ戻されてしまう。そして命じられたのは、「“川崎の魔女”の現金輸送車の奪取」だった…!北海道から新たな勢力も進出し、3人はまたもや裏社会の覇権を巡る争いに巻き込まれる。息つく間もない駆け引きと騙し合い。果たしてシュウたちはどん底から抜け出せるか?驚異のノンストップ・エンタテインメント!


映画にもなった「サンブンノイチ」の続編です。

前作で、銀行強盗をしたシュウ、コジ、健さんは、それぞれ別々の場所に隠れて過ごしていた。
そんな3人のもとに、川崎の帝王、破魔翔が現われ、みんな地元川崎に連れ戻された。
そして、3人に命じられたのは、「“川崎の魔女”の現金輸送車を奪え」だった。

“川崎の魔女”こと渋柿多見子と破魔翔が君臨して悪党たちを牛耳っている街、川崎。
そんな川崎に、北海道から新しい勢力も進出し、その争いにシュウたち3人は巻き込まれる。

北海道から来た名取は、新しいタイプのボスだった。
ススキノの帝王と呼ばれるわりには、見た目も小柄で、喧嘩も弱い男。
だけれど、彼には人を動かす力があった。宗教の教祖的な。

そんな渋柿と破魔翔と名取を相手に、シュウたち3人は騙し騙されながら、果たして現金輸送車を奪うことが出来るのだろうか。

まあまあ、息つく間もなくノンストップですね。
相変わらず、たまにエグイですが・・・
最後に誰が勝つのか!!
面白かったです◎


スポンサーサイト

| 木下半太 | 2016-03-13 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ゴブンノイチ」 木下半太

ゴブンノイチ

内容(「BOOK」データベースより)
くだらない事故で入院し両腕にギプスをはめられた瞬間から、ツトムの悲劇は始まった。同室の曲者3人―頭を打ち時々記憶喪失になるウッキー、アゴを割られて喋れない超イケメンの八郎、草野球でアキレス腱を切った元プロ野球選手のタクさん―と退屈な毎日を過ごしていたある日、天使のようなナース・博子が驚きの犯罪計画を持ちかけてきた。それは、埼玉一の大富豪の依頼による“赤ちゃん誘拐計画”!報酬はなんと1人1億円!決行すべく大富豪の屋敷に侵入した5人は、次々と予想外の事態に遭遇、なぜかダム湖に死体を運ぶ羽目に。見る間に泥沼にはまり込んでゆくツトムたちと、大金の行方は―。


「サンブンノイチ」に続き、「ゴブンノイチ」もあったんですね~
新幹線で読むにはちょうどいいかも~っと乗る前に購入◎

いきなり、死体遺棄の場面から始まりました。。

1億円の報酬につられて赤ちゃん誘拐計画に乗った5人。
入院先の病院で同室の4人とひとりのナース。
しかし、うまくいくはずはなく、冒頭の死体遺棄の場面、そして取り調べの場面から始まります。

毎度毎度ですが、ドタバタ、ハチャメチャな展開が繰り広げられます。
大金をめぐっての、裏切り、裏切られ・・・
誰を信用していいのやら。。

「サンブンノイチ」の続編ではなく、また違ったお話しですが、川崎の魔女こと渋柿多見子は登場します。
ちょー怖い!!
さらに「ナナブンノイチ」もあるそうなので、これも読んでみなきゃね◎

| 木下半太 | 2015-04-22 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「ギザギザ家族」 木下半太

ギザギザ家族

内容(「BOOK」データベースより)
斧田歩(17歳・大阪在住)は、東へ向かう車中にいた。「浮気相手に失恋した」「オトン慰安のため」「茨城にある日本一のスベリ台を」「滑りにいく」というあり得ない趣旨の家族旅行!運転するのは母・千里、助手席には酒と女をこよなく愛す父・元気。姉・指子は齢21にしてバツ3の結婚ジャンキーだ。高速を走る車内では、各々がドス黒い思惑を胸に秘め、この旅行を利用してあることを企んでいた。と、そのとき車が大スピンし、バカでかいタンクローリーがそこへ!斧田家の運命やいかに!?鬼才・木下半太が、あまりに濃すぎる家族の愛憎をスピーディーに描ききる。


相変わらずのドタバタでした。

父が失恋したからと、一家で茨城へ傷心旅行に向かう斧田家。
まあ、ここからしておかしいんだけど。。
父母姉弟、そして弟の家庭教師のハンナ。
大阪から車で茨城を目指します。

ただ、この旅行の間にそれぞれがある目的を果たそうと企んでいます。

スピード感たっぷり。
設定はありえないだらけ。
だけど、相変わらず一気に読ませてくれました。
悪夢シリーズよりも、さらに暴走してましたね。。

何も考えずに、楽しむための読書にオススメですね。

| 木下半太 | 2014-09-01 | comments:1 | TOP↑

>> EDIT

「悪夢の観覧車」 木下半太

悪夢の観覧車

内容(「BOOK」データベースより)
ゴールデンウィークの行楽地で、手品が趣味のチンピラ・大二郎が、大観覧車をジャックした。スイッチひとつで、観覧車を爆破するという。目的は、ワケありの美人医師・ニーナの身代金6億円。警察に声明文まで発表した、白昼堂々の公開誘拐だ。死角ゼロの観覧車上で、そんな大金の受け渡しは成功するのか!?謎が謎を呼ぶ、傑作サスペンス。


悪夢シリーズです。

舞台はGWの大阪。
海遊館のとなり、天保山の大観覧車です。
誘拐犯が人質をとって観覧車をジャックした。
警察も囲む観覧車から、どうやって身代金を受けとり、脱出するのか?!


観覧車にはたくさんの人たちが乗っています。
犯人と人質はもちろん、家族旅行中の一家や、プロのスリ師とその弟子とか、別れさせ屋とか・・・
それぞれのゴンドラでいろんな話が展開してきいます。

悪夢シリーズは「悪夢のエレベーター」と「悪夢のドライブ」を今までに読みましたが
個人的にはこれが一番好きかも。面白かったです。
どんでん返し、いいですねー◎


| 木下半太 | 2014-03-18 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「サンブンノイチ」 木下半太

サンブンノイチ

内容(「BOOK」データベースより)
人生の一発逆転を賭けた銀行強盗に成功、営業前のキャバクラハニーバニーに駆け込む3人の小悪党がいた。この店の店長のシュウ、ボーイのコジ、常連の健さん。手に入れた数億円もの大金は、ココで3分の1ずつ分け合う…はずだった。取り分を増やすため、かけ引きと騙し合いを始める3人。だが、その金を狙っているのは彼らだけではなかった。ハニーバニーのオーナーで、悪魔のように凶悪な男・破魔翔。裏世界で暗躍する伝説的金貸し・渋柿多見子、通称“川崎の魔女”―。果たして大金は誰の手に!?裏切り・逆転・衝撃の連続、予測不能のノンストップ・エンタテインメント。


悪夢シリーズ以外も読んでみました。

お金に困った3人。
キャバクラの店長のシュウ、ボーイのコジ、常連客の健さん。
彼らは銀行強盗をし、数億円を手に入れ、それを3分の1ずつ分けることにした。

そして、当日。
銀行強盗に成功し、自分たちの店、ハニーバニーに逃げ込んだ。
・・・が、取り分を巡って仲間割れしてしまう。

怒涛の展開です◎
騙し、騙され、裏切り、裏切られ・・・
最後にお金を手にするのは誰か。


ちょっとエグイ場面もありましたが、
テンポよく、サクサク読めて、面白かったです。


春には映画化みたいですね~。



| 木下半太 | 2013-12-20 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>