• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ホワイトラビット」 伊坂幸太郎

こんばんわ◎
すっかり秋になりました。
当分、図書館に足を運んでなくてあまり本を読んでないのですが
新刊は必ずハードで買ってるこの方の新刊から。
しかも立て続けに出たんですよね~

ホワイトラビット

内容(「BOOK」データベースより)
仙台で人質立てこもり事件が発生。SITが交渉を始めるが―。伊坂作品初心者から上級者まで、没頭度MAX!書き下ろしミステリー。


仙台の住宅街で人質立てこもり事件が発生。
事件を外からみる警察と、中にいる犯人たちの視点で描かれています。
それにプラスして、レ・ミゼラブル風?の解説っぽい第三者の視点がちょこちょこ出てきます。
この事件の全貌は果たして・・

コロコロ変わる場面展開、時系列、これもだったのか・・と思うほど散りばめられた伏線。
空き巣や立てこもり犯という物騒な登場人物なのに、愛されるキャラ。
オリオン座マニアのオリオオリオという、謎のキャラ。
散りばめた伏線の数々をキレイに回収していく後半のスピード感。
そして、なんといっても会話のユーモアさ。

ぜんぶぜんぶ、伊坂幸太郎がつまった、1冊でした ^ ^

伊坂作品ではお馴染みの、空き巣の黒澤さんや今村たちが登場します。

オススメ◎

スポンサーサイト

| 伊坂幸太郎 | 2017-10-10 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う」 尾形真理子



内容(「BOOK」データベースより)
年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる広告代理店OL…。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。繊細な大人たちの心模様を丁寧に綴った恋物語。


恋に悩む30代の女性たちの短編集です。
10年近く付き合ってたり、不倫してたり、年下の後輩に恋してたり、後輩の婚約者が元カレだったり…etc.

そんな彼女たちが訪れるセレクトショップ。
素敵な女性オーナーさんのおかげで、自分に合った洋服を探すのと同時に、自分とも向き合い、前へ進めるような気がしていく。


作者さんはコピーライターが本業のようです。
どおりで、タイトルやラストの一行が粋でした。

恋愛ものだけど、若すぎず、わたしの年齢に合った、読んでてとっても心地よかったです◎

| あ その他 | 2017-05-08 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「何様」 朝井リョウ

何様

内容(「BOOK」データベースより)
何者かになっただなんて、何様のつもりなんだろう―『何者』アナザーストーリー6篇。書下ろし新作も収録!


映画にもなった「何者」のアナザーストーリーです。

就活をする大学生のお話しだった「何者」。
リアルな感じがして、結構好きだったんですよね。
何者に登場した人たちの、高校時代だったり、就活前だったり、就職後だったり、6篇です。

「何者」にも登場した光太郎の、高校時代の甘酸っぱい恋のお話しが、キラキラしてていいなー◎
彼が出版社ばかり受けてた理由がココにありました。

他にも、「何者」で面接受けてた学生が、就職後、人事部に配属されていたお話し。
面接を受ける側から面接する側になって初めてわかること。

一番印象的だったのは、マナー講師をしている女性のお話。
今までずっと真面目に生きてきたのに、世間は一度道を踏み外した人の話しに耳を傾ける。
昔ちょっと悪かった。そういう下克上系がみんなは好きなんだと。
なんだかやりきれないなーと思ったり。

いろんな視点、目線で、描かれていて、面白いです。
「何者」を読んでると、さらに楽しめると思います。



| 朝井リョウ | 2017-03-05 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「サブマリン」 伊坂幸太郎

サブマリン

内容(「BOOK」データベースより)
『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。


「チルドレン」の続編です。
いやー待ってました!!
陣内さん、出番ですよ。

家裁調査官の武藤と陣内がまた出会い、少年たちと関わっていきます。
テキトーな陣内さんも主任になってるし、武藤は結婚して父親になってるし、時の流れを感じさせます。

無免許で車を運転し、歩行者を死亡させてしまった19歳の少年。
この少年を巡り、武藤と陣内は奮闘します。
武藤たちの職業柄、テーマは実は重たいんですよね。
正解のない。。

といっても、相変わらず自由すぎる陣内さんは健在です。
自由というか、無茶苦茶。。??というか。
だけど、陣内さんの言葉には救いがあるんですよね。
分かりづらい愛もたくさん。

もう笑っちゃうくだりも、いっぱい◎
唐揚げのなんて・・・笑
弘法や平賀源内とか、、、

永瀬や優子ちゃんも登場します!
武藤と永瀬って「チルドレン」で出会ってなかったんだね。そうだよね。
ただひとつ気になるのが、鴨居くん。。どうしたの?!

支離滅裂にいろいろ書いちゃったけど、
つまりは、伊坂幸太郎が好きだってことです ^ ^

| 伊坂幸太郎 | 2016-04-04 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ずっとあなたが好きでした」 歌野晶午

ずっとあなたが好きでした

内容(「BOOK」データベースより)
サプライズ・ミステリーの名手が贈る、時にみずみずしく、時に生々しい恋愛小説集…だが!?恋の話、いろいろ。


歌野さんの13編からなる短編集。
短編って初めて読んだ気がします。
なかなかのボリュームです。

基本、恋愛というか男女のお話です。年代もさまざまです。
ラスト1行で、わあ~!!ってなるようなものから、案外普通に終わるものまで、ほんといろいろでした。
「ドレスと留袖」と「舞姫」がちょっとミステリー要素あったりで、特に面白かったです◎

けど、歌野さんなので、普通の恋愛小説だけじゃ、終わらなかったですね~
どこかで期待はしてたんですけどね~
サプライズ、ありますよ◎
ちょっと長いな~と思っても途中で断念しないで下さいね。


| 歌野晶午 | 2016-03-06 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>