• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「何様」 朝井リョウ

何様

内容(「BOOK」データベースより)
何者かになっただなんて、何様のつもりなんだろう―『何者』アナザーストーリー6篇。書下ろし新作も収録!


映画にもなった「何者」のアナザーストーリーです。

就活をする大学生のお話しだった「何者」。
リアルな感じがして、結構好きだったんですよね。
何者に登場した人たちの、高校時代だったり、就活前だったり、就職後だったり、6篇です。

「何者」にも登場した光太郎の、高校時代の甘酸っぱい恋のお話しが、キラキラしてていいなー◎
彼が出版社ばかり受けてた理由がココにありました。

他にも、「何者」で面接受けてた学生が、就職後、人事部に配属されていたお話し。
面接を受ける側から面接する側になって初めてわかること。

一番印象的だったのは、マナー講師をしている女性のお話。
今までずっと真面目に生きてきたのに、世間は一度道を踏み外した人の話しに耳を傾ける。
昔ちょっと悪かった。そういう下克上系がみんなは好きなんだと。
なんだかやりきれないなーと思ったり。

いろんな視点、目線で、描かれていて、面白いです。
「何者」を読んでると、さらに楽しめると思います。



スポンサーサイト

| 朝井リョウ | 2017-03-05 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「サブマリン」 伊坂幸太郎

サブマリン

内容(「BOOK」データベースより)
『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。


「チルドレン」の続編です。
いやー待ってました!!
陣内さん、出番ですよ。

家裁調査官の武藤と陣内がまた出会い、少年たちと関わっていきます。
テキトーな陣内さんも主任になってるし、武藤は結婚して父親になってるし、時の流れを感じさせます。

無免許で車を運転し、歩行者を死亡させてしまった19歳の少年。
この少年を巡り、武藤と陣内は奮闘します。
武藤たちの職業柄、テーマは実は重たいんですよね。
正解のない。。

といっても、相変わらず自由すぎる陣内さんは健在です。
自由というか、無茶苦茶。。??というか。
だけど、陣内さんの言葉には救いがあるんですよね。
分かりづらい愛もたくさん。

もう笑っちゃうくだりも、いっぱい◎
唐揚げのなんて・・・笑
弘法や平賀源内とか、、、

永瀬や優子ちゃんも登場します!
武藤と永瀬って「チルドレン」で出会ってなかったんだね。そうだよね。
ただひとつ気になるのが、鴨居くん。。どうしたの?!

支離滅裂にいろいろ書いちゃったけど、
つまりは、伊坂幸太郎が好きだってことです ^ ^

| 伊坂幸太郎 | 2016-04-04 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「ずっとあなたが好きでした」 歌野晶午

ずっとあなたが好きでした

内容(「BOOK」データベースより)
サプライズ・ミステリーの名手が贈る、時にみずみずしく、時に生々しい恋愛小説集…だが!?恋の話、いろいろ。


歌野さんの13編からなる短編集。
短編って初めて読んだ気がします。
なかなかのボリュームです。

基本、恋愛というか男女のお話です。年代もさまざまです。
ラスト1行で、わあ~!!ってなるようなものから、案外普通に終わるものまで、ほんといろいろでした。
「ドレスと留袖」と「舞姫」がちょっとミステリー要素あったりで、特に面白かったです◎

けど、歌野さんなので、普通の恋愛小説だけじゃ、終わらなかったですね~
どこかで期待はしてたんですけどね~
サプライズ、ありますよ◎
ちょっと長いな~と思っても途中で断念しないで下さいね。


| 歌野晶午 | 2016-03-06 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「罪の余白」 芦沢央

罪の余白

内容(「BOOK」データベースより)
高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘は、なぜ死んだのか。自分を責める日々を送っていた安藤の前に、加奈のクラスメートだった少女が現れる。彼女の協力で娘の悩みを知ったとき、待っていた現実とは―。大切な人の命を奪われたとき、あなたはどんな償いを求めますか。第3回野性時代フロンティア文学賞受賞作。


高校のベランダから転落死した加奈。
母は幼い頃に亡くなって、父と2人だった加奈。
遺書はなかったため、事故か自殺かもわからず、残された父は娘の死を受け入れられずにいた。

父は、真相を知ろうと、娘の部屋に入った。
そして彼女のパソコンの中に見つけたものは・・・

物語は、父の視点に加え、加奈のクラスメイトの視点からも描かれているので
父よりも早く、読んでるわたしには真相が見えます。

女子高生の物語には外せない、スクールカースト。
その上位にいた咲。彼女が必死に守ってきたものとは。
そして、もうひとり、咲に幻滅されまいと必死だった真帆。
この2人と友だちだった加奈に果たして何があったのだろうか。。

父の気持ち、計り知れません。
そんな父がとった行動もなかなかです。

ストーリー的には面白いんだけど、いまいち盛り上がりに欠けた感が否めませんが・・・

個人的には、父の同僚の早苗が興味深かったです◎


| あ その他 | 2016-01-28 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「陽気なギャングは三つ数えろ」 伊坂幸太郎

陽気なギャングは三つ数えろ

内容(「BOOK」データベースより)
陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶対絶命のカウントダウンが!人気シリーズ、9年ぶりの最新作!


待ってました!
9年ぶりのシリーズ新作です。
今回は、4人のギャングVSハイエナ雑誌記者です。

まさかの銀行強盗がバレてしまう?!
そんな窮地に立たされた4人の怒涛の展開です。

相変わらずのテンポいい会話と、どこに向かうのか予想できない展開は
やっぱりとっても面白い!!
気持ちいいですね◎

内容は全然書けてないですが・・・
ぜひ、一作目から読んでもらいたいシリーズです。




| 伊坂幸太郎 | 2015-10-24 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>