• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「沈黙のエール」 横関大

沈黙のエール

内容(「BOOK」データベースより)
フランス留学を控えた朝宮里菜が働く洋菓子店“ドンナ”に、生意気な少年が訪ねてきた。少年を連れて実家近くで食事をしていると、消防車のサイレンが聞こえてくる。「火事だ!燃えているのは朝宮洋菓子店だ」謎が謎を呼び感動のラストに繋がる、横関エンタメの真骨頂!


パティシエの朝宮里菜。
彼女が働く店に、ひとりの少年、陽介が尋ねてきた。
里菜の父の話では、陽介は親戚でしばらく預かることになったらしい。
しかしその夜、父は何者かに殺され、実家も放火された。

母を小さい頃に亡くし、姉も10年前に亡くし、父と兄だけだった。
その父も亡くなり、残されたのはどうしようもない兄、克己と2人だけになった。

父は誰に、なぜ殺されたのか。
里菜も知らなかった家族の真実がそこにはありました。

相変わらず読みやすいです。サクサク、さらっと。
2時間ドラマにありそうな感じ。

だけど、不意にもラストはうるっときちゃいましたね◎

スポンサーサイト

| 横関大 | 2014-05-24 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「チェインギャングは忘れない」 横関大

チェインギャングは忘れない

内容(「BOOK」データベースより)
護送車が襲撃され、五人の男が脱走した。脱走した男の一人である大貫修二は、記憶を失い停車中のトラックの前で眠っているところを、ドライバーの早苗に蹴り起こされた。その頃、数日後に迫った連続殺人鬼「サンタクロース」対策配備の準備をしていた池袋署の神崎と黒木は、大貫が脱走したという知らせを聞き、秘密裏に捜査をはじめる。軽快なテンポに乗せて鮮やかに展開される横関ミステリー、驚愕必至の最新刊。


囚人を乗せた護送車が何者かに襲撃され、5人の囚人が脱走した。
その中の1人、大貫修二は記憶を失って眠っていたところを、トラック運転手の早苗に助けられる。
彼が脱走犯と知らない早苗と息子の航平は、彼と親しくなる。

一方、当時大貫を検挙した刑事の神埼と黒木は、脱走した彼を見つけようと動き出す。

傷害罪で逮捕されていた大貫だけれど、池袋界隈ではとても人望が厚く慕われていた。
悪の雰囲気がまったくなく、むしろ善のイメージが強い大貫。
なぜ彼は脱走したのか。

前回読んだ「グッバイ・ヒーロー」もそうでしたが、とってもテンポがよくて、マンガを読んでるような感じでどんどんさくさく読めます◎

チェインギャング。
絆で結ばれた集団。
決して柄のいい彼らではないけれど、ヒーローっぽくてかっこよかったです。

読み終わって、プロローグ読んで、あーってまた納得です。




| 横関大 | 2013-11-04 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「グッバイ・ヒーロー」 横関大

グッバイ・ヒーロー

内容(「BOOK」データベースより)
「困っている人がいたら助けなければいけない。それが俺のルールなんだ」―ピザと音楽を愛する人気配達人“亮太”と、立てこもり事件の人質“おっさん”が運び届ける、謎と絆の物語。


バンドのメジャーデビューを目指しながら、ピザ屋の宅配アルバイトをする亮太。
ある日、警察に宅配を頼まれる。
宅配先は、立てこもり事件の犯人のもとへ。

困っている人がいたら助けなければならない。
それがモットーの亮太は、犯人へピザを届けることを引き受けた。

マンガを読んでるような展開で、サクサク読めました。
こんな人のいいピザ屋さんいないよーと思いながらも、二転三転の展開に楽しめました。

第一部と第二部があって、第二部でいい終わり方をしてくれました◎
面白かったです。



| 横関大 | 2013-05-12 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「再会」 横関大

再会

内容(「BOOK」データベースより)
小学校卒業の直前、悲しい記憶とともに拳銃をタイムカプセルに封じ込めた幼なじみ四人組。23年後、各々の道を歩んでいた彼らはある殺人事件をきっかけに再会する。わかっていることは一つだけ。四人の中に、拳銃を掘り出した人間がいる。繋がった過去と現在の事件の真相とは。第56回江戸川乱歩賞受賞作。


12歳のとき、秘密のタイムカプセルを埋めた幼馴染の4人。
タイムカプセルの中身は、一丁の拳銃だった。

それから23年後。
地元で殺人事件が起きた。
殺人に使われたのは、彼らが埋めた拳銃だった。

誰も知らないはずのタイムカプセル。
つまり、4人のうちの誰かが拳銃を掘り起こしたことは間違いない。

23年ぶりに4人で再会することとなった。
果たして、この中に犯人がいるのだろうか。

刑事となった淳一、のちに結婚し離婚した圭介と万希子、地元で父の会社を継いだ直人。
みんなが少しずつ秘密を抱え、苦しんできていた23年という長い月日。
殺人事件の真相がわかるに連れて見えてくる彼らの苦悩の日々。

読み始めは暗くイマイチかなって思ったけど、結構面白い展開でした◎
来週2時間ドラマ化らしいです。
なので、先に読んで見たのですが、ドラマも見てみよーって思えます。


| 横関大 | 2012-12-01 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。