• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「怒り」 (上)(下)

怒り上
怒り下

内容(「BOOK」データベースより)
若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。


映画館で予告を見て面白そうと思ったので、読んでみました◎

東京八王子で起きた殺人事件。
犯人は山神一也、27歳。
事件から1年経ったいまも、逃亡を続けていた。

そして、千葉、東京、沖縄の3つのお話し。

千葉では港町の漁港にふらりと働かせて欲しいとやってきた田代という男。
そこで働く洋平、愛子親子と親しくなった田代。

東京では、エリートサラリーマンの優馬が出会った無職の男、直人。
ゲイの優馬は直人と一緒に暮らし始めた。

沖縄では、離島で暮らす泉と母親。
泉は舟で渡った無人島で、野宿をしていたバックパッカーの男、田中と出会う。

上巻を読みながら、この3人の誰が犯人なんだろう。この時間軸はどうなってるんだろう。
なんて、いろんな想像をしながら読んでました。
下巻になると、どんどん真実に近づいていくにもかかわらず、どんどん読んでて苦しくなっていきますね。
それぞれの人間模様が切ない。。
1つの事件はこんなにもいろんな人を傷つけるんだと。

映画のラストはどうなるんでしょうね。
犯人はそのままいくのかな。
映画になると、ラストはちょっと変わってる気がします。

面白かったです◎

スポンサーサイト

| 吉田修一 | 2016-07-16 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「さよなら渓谷」 吉田修一

さよなら渓谷

内容(「BOOK」データベースより)
きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、15年前の“ある事件”。長い歳月を経て、“被害者”と“加害者”を結びつけた残酷すぎる真実とは―。


町の奥にある市営団地で子供が亡くなった。
容疑者とされる母親。
事件の取材をしようと団地のまわりにはたくさんの記者がいた。

その隣の家に住む尾崎俊介と妻。
ただ隣に住んでいただけの尾崎は、この事件をきっかけに過去の秘密が知られてしまう。
15年前、まだ大学生の頃に犯した罪。

「悪人」を読んだときと同じような気持ちになりました。
なんともやるせないというか。
想像は出来るけれど、理解するのは難しいというか。

そんな感想でした。
映画にもなったみたいですね。

| 吉田修一 | 2013-11-10 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「太陽は動かない」 吉田修一

太陽は動かない

内容(「BOOK」データベースより)
新油田開発利権争いの渦中で起きた射殺事件。AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡と共に、その背後関係を探っていた。商売敵のデイビッド・キムと、謎の美女AYAKOが暗躍し、ウイグルの反政府組織による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された…。いったい何が起きているのか。陰で糸引く黒幕の正体は?それぞれの思惑が水面下で絡み合う、目に見えない攻防戦。謀略、誘惑、疑念、野心、裏切り、そして迫るタイムリミット―。


いやー
読み終わるのにだいぶ時間かかりました。。

産業スパイ。
鷹野の仕事は、裏の秘密情報を掴んで利益ある企業や組織へ情報を売ること。
新油田開発から、次世代エネルギー開発など。
国を跨いで、様々な情報を追い求めます。

前半、登場人物が多くて、みんながそれぞれ動いていて、どこに向かっていくんだろうって感じでしたが、
それぞれの思惑が分かってくると、一気に見えてきます。

でも、わたしにはなんだか難しくて、、、
きっともっと理解して読めば、ハラハラ面白いはずなんだろうと思います。


| 吉田修一 | 2012-12-28 | comments:2 | TOP↑

>> EDIT

「横道世之介」 吉田修一

横道世之介

内容(「BOOK」データベースより)
なんにもなかった。だけどなんだか楽しかった。懐かしい時間。愛しい人々。吉田修一が描く、風薫る80年代青春群像。


これ、面白かったんです!!
だいぶ前に読んだんだけど、面白かったのに書いてなかったので、また図書館で借りちゃいました◎

大学進学で長崎から東京に出て来た横道世之介。
彼の大学1年生の1年間のお話です。

どこにでもいそうな男子学生、世之介。
だけど、とっても魅力的なんですよね◎
サンバサークル、友だち、恋人。
みんなと同じような普通の大学生活を送る彼ですが、彼の周りのみんな、そして読んでるわたしたちの心に残る印象深い男です。

合い間合い間に、登場人物の現在が書かれています。

近くにいたら、同じ時間を過ごしたいと思わせてくれるような世之介。
人と人との出会いはステキだなと思わせてくれます。
いっぱい笑って、でもジーンと心温まる、好みのお話しでした。


さっき知ったけど、映画化らしいですね。
この雰囲気をそのまま残して欲しいものです。


| 吉田修一 | 2012-06-06 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「平成猿蟹合戦図」 吉田修一

平成猿蟹合戦図

内容(「BOOK」データベースより)
新宿で起きた轢き逃げ事件。平凡な暮らしを踏みにじった者たちへの復讐が、すべての始まりだった。長崎から上京した子連れのホステス、事件現場を目撃するバーテン、冴えないホスト、政治家の秘書を志す女、世界的なチェロ奏者、韓国クラブのママ、無実の罪をかぶる元教員の娘、秋田県大館に一人住む老婆…心優しき八人の主人公が、少しの勇気と信じる力で、この国の未来を変える“戦い”に挑んでゆく。希望の見えない現在に一条の光をあてる傑作長編小説。


あらすじの書きにくいお話ですね。
前半と後半のストーリーが全然違ったり、メイン登場人物も多かったり。
でもとても面白かったんです◎

長崎の五島列島から上京してきた子連れホステス、美月。
その旦那のホスト、朋生。
その先輩のバーテン、純平。
そのクラブのママ、美姫。
世界的なチェロ奏者、湊圭司。
そのマネージャー、園夕子。
無実の罪をかぶる男の娘、友香。
秋田で1人暮らししている老婆、サワ。

それぞれに生活していた彼らが、ある事件を通じて繋がりが出てきます。
そして、最初の事件からは思いもよらない方向へ物語りは進み
後半は全然違ったストーリーが展開されます。

思いもよらぬ展開に、一気読みでした◎

あの「猿蟹合戦」
現代版にしたらこんな感じになるんですね。
読後感は気持ちいいです。


| 吉田修一 | 2012-04-21 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。