• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「四月になれば彼女は」 川村元気



家のパソコンが壊れたので、スマホから。
ちゃんと出来てるかな…


結婚を控えた僕のもとに、大学のときに付き合ってた彼女から、9年ぶりに手紙が届く。
ウユニ湖、プラハ、アイスランド…
いろんな土地から、懐かしい思い出とともに。

彼女の手紙をきっかけに、僕と婚約者の関係が少しずつ変化していく。


予想はしてましたが、「世界から猫が消えたなら」を読んだときと同じように、読み終わるのにかなりの時間がかかりました。
やっぱり合わないのかなー。

永遠と信じた愛に終わりがあると知ること。
愛と結婚とセックス。
似ているようで全然違うもの。

全体的に穏やかな情景が広がってます。
なんとなく読み終わりました◎
スポンサーサイト

| か その他 | 2017-04-24 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「傘をもたない蟻たちは」 加藤シゲアキ

傘をもたない蟻たちは

内容(「BOOK」データベースより)
無限の悲しみはどこまでも僕を埋め尽くす。いまを生きる人々の「生」と「性」を浮き彫りにする6編の物語。


NEWSの加藤シゲアキくんの4作目です。
そんなに描いてるんですねー。
読むのはデビュー作の「ピンクとグレー」以来です。

今回は短編集です。

恋愛系だったり、恋愛系でもちょっとミステリー入ったのとかホラー入ってるのとか。
かと思ったら、ちょっと未来の話しもあったり
友情の話しもあったり・・・
いろんなジャンルの6篇です。

1話目の「染色」の雰囲気が好きです。
美大に通う大学生のお話しです。
圧倒的な才能を持つ美優と、僕。
僕にどんな選択が出来たのだろう。。

ほんといろんなジャンルだけど、どれも面白いなーと思いました。
すごいですねー、彼。

| か その他 | 2017-04-09 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「欠落」 今野敏

欠落

内容(「BOOK」データベースより)
特殊班に配属されたばかりの同期の女刑事が、立てこもり事件で人質の身代わりとなって拉致された。警視庁捜査一課刑事の宇田川は、自らが捜査本部に入った殺人事件を追いながらも、彼女の行方が気にかかる。そんなところに警察を懲戒免職になり姿を消していた元同期の蘇我から連絡が入る。


またまた今野さんの警察小説。
「同期」に続くシリーズ2作目です。
捜査一課の宇田川、SITに配属された大石陽子、公安にいたが懲戒免職となった蘇我。
この同期の3人のお話しです。

大石は配属早々、立てこもり事件の人質の身代わりとなった。
宇田川は心配するも、直後に発生した殺人事件の捜査で忙しくなる。
しかし、死体の身元すら分からないまま捜査は行き詰っていた。
大石は人質にとられたまま、情報が入って来ない。

そんなとき、連絡が途絶えていた蘇我から宇田川へ電話がかかってくる。
大石のことを心配する蘇我の電話だったが、宇田川は蘇我が何かを知っているのではないかと思う。
蘇我は、懲戒免職になっているが、その後も公安の仕事をしているはずなのだ。

立てこもり事件、身元不明死体の殺人事件、進展のない事件はどう進んでいくのか。。

宇田川の先輩にあたるベテラン刑事の同期コンビ、土岐と植松。
彼らがまた登場します。いいキャラクターなんですよね◎
さらに加えて、今回宇田川とコンビを組むベテラン刑事の佐倉もまた良かったです。

このシリーズ読むたびに、公安って怖いけど、気になる。。

| 今野敏 | 2016-03-22 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「サンブンノニ」 木下半太

サンブンノニ

内容(「BOOK」データベースより)
銀行強盗で得た大金を山分けし、日本各地に潜伏していたシュウ、コジ、健さん。だが3人とも“川崎の帝王”破魔翔に見つかり、連れ戻されてしまう。そして命じられたのは、「“川崎の魔女”の現金輸送車の奪取」だった…!北海道から新たな勢力も進出し、3人はまたもや裏社会の覇権を巡る争いに巻き込まれる。息つく間もない駆け引きと騙し合い。果たしてシュウたちはどん底から抜け出せるか?驚異のノンストップ・エンタテインメント!


映画にもなった「サンブンノイチ」の続編です。

前作で、銀行強盗をしたシュウ、コジ、健さんは、それぞれ別々の場所に隠れて過ごしていた。
そんな3人のもとに、川崎の帝王、破魔翔が現われ、みんな地元川崎に連れ戻された。
そして、3人に命じられたのは、「“川崎の魔女”の現金輸送車を奪え」だった。

“川崎の魔女”こと渋柿多見子と破魔翔が君臨して悪党たちを牛耳っている街、川崎。
そんな川崎に、北海道から新しい勢力も進出し、その争いにシュウたち3人は巻き込まれる。

北海道から来た名取は、新しいタイプのボスだった。
ススキノの帝王と呼ばれるわりには、見た目も小柄で、喧嘩も弱い男。
だけれど、彼には人を動かす力があった。宗教の教祖的な。

そんな渋柿と破魔翔と名取を相手に、シュウたち3人は騙し騙されながら、果たして現金輸送車を奪うことが出来るのだろうか。

まあまあ、息つく間もなくノンストップですね。
相変わらず、たまにエグイですが・・・
最後に誰が勝つのか!!
面白かったです◎


| 木下半太 | 2016-03-13 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「確証」 今野敏

確証

内容(「BOOK」データベースより)
都内で起きた強盗事件と窃盗事件。警視庁捜査3課で盗犯捜査ひと筋の萩尾秀一は、ふたつの事件には繋がりがあるとして、部下の武田秋穂とともに捜査を始める。捜査1課との軋轢や駆け引きの中で、ベテランの萩尾は何を見て、若い秋穂は何を考えるのか。「継続」と「ひらめき」が融合した円熟の警察小説、待望の文庫化。連続テレビドラマ原作。


刑事ものだけど、よく見る捜査一課ではなく捜査三課のお話しです。
捜査三課は、盗犯専門の課です。
そこのベテラン刑事萩尾と新人の秋穂のコンビが、都内で起きた強盗事件と窃盗事件を捜査します。

都内で起きた強盗事件、その12時間後に起きた窃盗事件。
このふたつの事件は繋がっていると思う萩尾。
しかし、次に起きた強盗殺人事件によって、捜査は行き詰る。

強盗殺人となれば、捜査一課の登場。
殺人事件専門の一課と、盗犯事件専門の三課。
同じ事件を追ってるも、両者の間にある軋轢。
捜査はどう進むのか。

とっても読みやすいです◎
みんなから信頼されている萩尾。
若いながらも、女性の目線でいいとこついてくる秋穂。
派手さはないけれど、人間味がある刑事たちで、面白く読めました。


| 今野敏 | 2016-02-22 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。