• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2011-12- | ARCHIVE-SELECT | 2012-02- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川浩

ヒア・カムズ・ザ・サン

内容(「BOOK」データベースより)
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。


わずか7行のあらすじから出来た2つのお話し。
同じ登場人物、設定でもこんなに違う展開になるんだと思う2編を収録。

出版社で働く真也とカオル。
真也は物に触れただけで、その物に残された人間の記憶が見える不思議な力があった。
カオルの父が20年ぶりにアメリカから帰国する。
カオルの父の手紙から、真也はこの父子の関係を知る。

1作目の父は、仕事は成功し順調だが家族を顧みない男。
2作目の父は、才能がないのに夢ばかり見てアメリカに飛び出した男。

素直に家族への愛が伝えられない父親の愛がいっぱい詰まってます。
どちらも楽しめたけど、個人的には、1作目のほうが好きかな。

それにしても、真也いい男です◎


スポンサーサイト

| 有川浩 | 2012-01-29 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。