<< 2012-02- | ARCHIVE-SELECT | 2012-04- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 東野圭吾

ナミヤ雑貨店の奇蹟

内容(「BOOK」データベースより)
夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。


ちょっと早いお誕生日プレゼントに、東野の新刊もらいました◎

待ちに待った東野の新刊!!
今回はミステリーではなく、心温まるSF系でした。ファンタジーチック。

どんな相談にも真剣に考えて答えてあげる、ナミヤ雑貨店のお爺さん。
子どもの悪戯な質問から人生の悩みまで。
郵便口に相談を入れておくと、翌朝返事が牛乳箱に入っているという仕組み。
そこに相談しに来た5人の悩みと彼らのその後のお話です。

1章ずつひとつずつのお話しですが、5章全部がひとつのストーリーで繋がっています。
さすが東野さんといった感じです。

わたしは、魚屋ミュージシャンのお話しが特に好きでした◎

みんないろんな悩みを抱えて、誰かに聞いて欲しくて、背中を押して欲しくて、相談することで改めて自分自身と向き合って、一生懸命に生きて・・・

いつものどんでん返し的な衝撃的な展開はないけれど
読後感がとっても良くて、いいお話し読んだなーと満足でした◎


スポンサーサイト

| 東野圭吾 | 2012-03-31 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>