<< 2012-05- | ARCHIVE-SELECT | 2012-07- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「船を編む」 三浦しをん

舟を編む

内容紹介
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。


2012年本屋大賞受賞作品です。

出版社の辞書編集部が舞台です。
新しい辞書『大渡海』を作り上げる長い道のりのお話しです。

馬締光也をはじめとした個性的なメンバーで1つの辞書を作り上げる。

辞書を作るって、今まで考えたことなかったけど、相当な作業です。
1つの言葉を端的に的確に表さないといけない。
だけれど、ページ数的にも世の中全ての言葉を辞書に載せることは不可能。
言葉に魅了された彼らの熱い思いと葛藤が詰まった辞書。

果たして、『大渡海』は完成するのか。

登場人物みんな好きでした。
個人的には西岡も。
ある種才能を思った辞書編集部のみんなに比べれば、特段辞書に思いいれもなく仕事と割り切ってきた西岡の気持ち。
うん、わかります。
でも彼には彼しかできないやり方が見つけれたのは嬉しかったです。

人生を懸けて・・・と言っていいほどの、思い入れのある仕事をする彼らがステキでした。
もっともっと読みたいと思うほど、一緒に気持ち入ってしまいました。

読んでよかったです◎


スポンサーサイト

| 三浦しをん | 2012-06-30 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。