• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< 2013-03- | ARCHIVE-SELECT | 2013-05- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「空飛ぶ広報室」 有川浩

空飛ぶ広報室

内容紹介
不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。待ち受けるのは、ミーハー室長の鷺坂(またの名を詐欺師鷺坂)をはじめ、尻を掻く紅一点のべらんめえ美人・柚木や、鷺坂ファンクラブ1号で「風紀委員by柚木」の槙博己、鷺坂ファンクラブ2号の気儘なオレ様・片山、ベテラン広報官で空井の指導役・比嘉など、ひと癖もふた癖もある先輩たちだった……。有川浩、渾身のドラマティック長篇小説。


図書館で予約して数ヶ月、このタイミングできました。
もうドラマ見始めちゃってるよー

小さい頃からブルーインパルスに乗ることを夢見てきた空井大祐。
自衛隊に入り、戦闘パイロットになり、ついにその夢が叶う直前、不慮の事故で夢は断たれた。。
そして彼は、戦闘パイロットから防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室へと異動となった。

今までと全く違う環境の中で、広報室の室長をはじめ、個性的でステキな先輩たちと日々過ごすうちに、また新たな夢を見つけていく空井大祐の成長物語です。

有川浩さんの作品にたびたび登場する自衛隊ですが、この作品で初めて自衛隊というものを少し理解出来た気がします。

空井が担当する帝都テレビの稲葉リカもまた仕事に悩むひとり。
でも空井と、そして広報室の自衛官たちとの出会いで成長していきます。
空井とリカのつかず離れずの感じが、有川さんって感じです◎

この本は震災前に発表されるはずだったようですが延期され、さらに震災を受けてのエピローグが追記されています。
それがとてもいいです。

ドラマは本にはないエピソードも盛り込まれていますが、いい感じです。
最後まで見ると思います!!


スポンサーサイト

| 有川浩 | 2013-04-29 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。