• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2013-04- | ARCHIVE-SELECT | 2013-06- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「春から夏、やがて冬」 歌野晶午

春から夏、やがて冬

内容(「BOOK」データベースより)
スーパーの保安責任者の男と、万引き犯の女。偶然の出会いは神の思い召しか、悪魔の罠か?これは“絶望”と“救済”のミステリーだ。


スーパーの保安責任者として万引き犯の対応をする平田。
ある日、万引き犯として連れて来られたのは20代の女性、末永ますみ。
対応した平田は、彼女を警察には出さず帰らせた。

それからしょっちゅう平田の前に現れるますみ。
何かと親切にしてしまう平田。しかしそれには理由があった。


歌野さんということで、だいぶ構えて読んでしまいました。
何かある。何かある。。と。
確かにありました。

絶望と救済のミステリーってありますが、正直救いようがない・・・という感想でした。
あと、ミステリーなんですかね、これ。どうなんだろう。

でも最後まであっと言う間に読んだので、面白かったんだと思います。
構えてしまったので、衝撃的にはそうでもなかったけれど、おお。。って感じ。
何とも言えない読後感です。



スポンサーサイト

| 歌野晶午 | 2013-05-28 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。