• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2014-06- | ARCHIVE-SELECT | 2014-08- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「旅猫リポート」 有川浩

旅猫レポート

内容(「BOOK」データベースより)
さあ、行こう。これは僕らの最後の旅だ。一人と一匹が見る美しい景色、出会う懐かしい人々。心にしみるロードノベル。


ひさびさの感想は、泣けた1冊から。
サトルとサトルの猫、ナナの2人の旅のお話。

事情があってナナを飼うことが出来なくなったサトルが、ナナをもらってくれる信頼できる人を訪ねていきます。
小学校、中学校、高校でサトルが出逢った大切な友だち。
彼らにならナナを任せてもいいかもと、懐かしい友人のもとを訪れます。

サトルと友人のそれぞれの懐かしいエピソード。
友人に会えば会うほど伝わるサトルの人間性。
そして何より、サトルとナナの絆がステキです。
ナナの視点で見た人間の世界、そしてサトルに対する思い。
とってもとっても温かくて切ないです。

どんなラストに向かっていくかは、なんとなく想像できて、それがまた切なくて・・・
そして実際辿り着く彼らの行く末は・・・

わたしは、猫より犬派!でしたが、コレ読むと猫派に心移りしちゃうくらい、ナナがとっても愛らしいです◎
とってもステキなお話しでした。
夏休みの学生にもオススメですよ!!

スポンサーサイト

| 有川浩 | 2014-07-31 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>