• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2015-06- | ARCHIVE-SELECT | 2015-08- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ジャイロスコープ」 伊坂幸太郎

ジャイロスコープ

内容(「BOOK」データベースより)
助言あります。スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件の“もし、あの時…”を描く「if」。謎の生物が暴れる野心作「ギア」。洒脱な会話、軽快な文体、そして独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。書下ろし短編「後ろの声がうるさい」収録。


7つの短編集です。

結構いろんなジャンルのお話しでした。
あんまり伊坂さんっぽくないのから、っぽい!のまでさまざまでした。

アンソロジーや雑誌のために描いた短編と書き下ろし1編が収録されています。
なので、連作短編集みたいに全部が繋がってくる感じはないですが、
最後の書き下ろしの1編でちゃんと繋げてくれてます◎

個人的には「一人では無理がある」「彗星さんたち」が特によかったかな。
伊坂さんぽくないと思ったのは「ギア」なんだけど、これに出てくる謎の生物セミンゴ。。笑
昔教科書にあったクラムボンを思い出しました。

デビュー15周年のようで、巻末にインタビューが載ってます。
今回の文庫本の内容プラス今までの作品を振り返って描かれているのが、興味深かったですね◎

スポンサーサイト

| 伊坂幸太郎 | 2015-07-25 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>