• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2015-07- | ARCHIVE-SELECT | 2015-09- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「終業式」 姫野カオルコ

終業式

内容(「BOOK」データベースより)
かけがえのない、高校生だった日々を共に過ごした四人の男女。テストにやきもきしたり、文化祭に全力投球したり、ほのかな恋心を抱いたり―。卒業してからも、ときにすれ違い、行き違い、手さぐりで距離をはかりながら、お互いのことをずっと気にかけていた。卒業から20年のあいだに交わされた、あるいは出されることのなかった手紙、葉書、FAX、メモetc.で全編を綴る。ごく普通の人々が生きる、それぞれの切実な青春が、行間から見事に浮かび上がる―。姫野文学の隠れた名作。


全て、ほんと全てが手紙やハガキ、FAXで綴られたお話しです。

始まりは高校生から。
同じ高校の男女4人の、授業中に書かれた手紙などです。
手紙の文面や差出人などから、みんなの関係性を少しずつ理解していく感じです。
日々の日常や先生のこと、文化祭や、受験など、とりとめもない手紙から、高校時代を懐かしく思い出しました。

そして卒業。
いつも一緒にいた彼らが少しずつすれ違い、それでもどこかで繋がっていたいと思い書く手紙の数々。
中には出すことなく捨てられた手紙もあります。
昭和から平成まで20年間の手紙で綴った彼らの人生です。

いまは、メールがほとんどで、手紙を書くことって少なくなりました。
高校時代は手紙ばっかり書いてた気がします。
授業中や家で、毎日会う友だちに宛てて。
今でもたくさん残っていて、大事にしなきゃなーと思いました。


最終的には大恋愛の物語になりました。
「卒業式」ではなくて「終業式」がいいですね。
新鮮な感じで、面白かったです◎

スポンサーサイト

| は その他 | 2015-08-28 | comments:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>