• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2016-06- | ARCHIVE-SELECT | 2016-08- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「怒り」 (上)(下)

怒り上
怒り下

内容(「BOOK」データベースより)
若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。


映画館で予告を見て面白そうと思ったので、読んでみました◎

東京八王子で起きた殺人事件。
犯人は山神一也、27歳。
事件から1年経ったいまも、逃亡を続けていた。

そして、千葉、東京、沖縄の3つのお話し。

千葉では港町の漁港にふらりと働かせて欲しいとやってきた田代という男。
そこで働く洋平、愛子親子と親しくなった田代。

東京では、エリートサラリーマンの優馬が出会った無職の男、直人。
ゲイの優馬は直人と一緒に暮らし始めた。

沖縄では、離島で暮らす泉と母親。
泉は舟で渡った無人島で、野宿をしていたバックパッカーの男、田中と出会う。

上巻を読みながら、この3人の誰が犯人なんだろう。この時間軸はどうなってるんだろう。
なんて、いろんな想像をしながら読んでました。
下巻になると、どんどん真実に近づいていくにもかかわらず、どんどん読んでて苦しくなっていきますね。
それぞれの人間模様が切ない。。
1つの事件はこんなにもいろんな人を傷つけるんだと。

映画のラストはどうなるんでしょうね。
犯人はそのままいくのかな。
映画になると、ラストはちょっと変わってる気がします。

面白かったです◎

スポンサーサイト

| 吉田修一 | 2016-07-16 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。