• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2016-11- | ARCHIVE-SELECT | 2017-01- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「6月31日の同窓会」 真梨幸子

6月31日の同窓会

内容(「BOOK」データベースより)
神奈川の伝統ある女子校・蘭聖学園の89期OGが連続して不審な死を遂げる。同校出身の弁護士・松川凛子は、同窓生の証言から真相を突き止めようとするが―学園の闇と女たちの愛憎に、ラスト1行まで目が離せない!女子校育ちの著者が、かさぶたを剥がしながらダーク過ぎる“女の園”を描く、ノンストップ・イヤミス!


表紙からイヤミスを予感させる何とも言えないこの表紙。。

存在しない6月31日開催の同窓会の案内が届いたら死んでしまう・・・という
女子高の卒業生たちのお話。
次々と死んでいく卒業生や、怯える卒業生、相談を受ける弁護士になった卒業生。。
案内状を出しているのは誰?!犯人は誰?!

伝統ある女子高、しかもお嬢様学校。
小学校から入学してる子や、中学や高校からの外部生。
卒業後も何かと付き纏う母校の存在。
こんな学校イヤだわ~と思う蘭聖学園。

卒業生たち数人の視点で描かれているのですが
その人の話だったり、違う人の話ししてたり、
たくさんの登場人物に、混乱です。
これは誰だっけ?誰の話しだっけ?と、何度か戻ったりして。

期待が大きかったぶん、ちょっとイマイチ感もあったけど
女子のドロドロ感はさすがでした◎
怖い、怖い。


スポンサーサイト

| 真梨幸子 | 2016-12-11 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。