• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< 2017-07- | ARCHIVE-SELECT | 2017-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

「殺人出産」 村田沙耶香

殺人出産

内容(「BOOK」データベースより)
今から百年前、殺人は悪だった。10人産んだら、1人殺せる。命を奪う者が命を造る「殺人出産システム」で人口を保つ日本。会社員の育子には十代で「産み人」となった姉がいた。蝉の声が響く夏、姉の10人目の出産が迫る。未来に命を繋ぐのは彼女の殺意。昨日の常識は、ある日、突然変化する。表題作他三篇。


表題作を含む4篇です。
どれもいまから100年ほど先の世界を描いたものです。

その世界では、セックスと出産がイコールではなくなってきて、極端に人口が減っていた。
そこで作られたシステムが、殺人出産システム。
10人産んだら1人殺してもいい という・・
命を奪うものが命を作る役目を担う。
その人は産み人と言われ、崇められる始末。
しかも、男性も人口子宮によりその役目を果たせるという。

なんというか、ぶっとんだ世界でした。
育子の姉は10代の頃から産み人となり、そろそろ10人目の出産が近い。
姉は、誰を殺したいと思ってるのだろう。

その他にも
恋人は2人ではなく、3人で付き合うのが流行る「トリプル」
性を可能な限り排除した「清潔な結婚」
医学が発達し、自分のタイミングでしか死ねなくなった「余命」

どれも、いつかほんとにこんな世の中が来るのか、、とちょっとぞっとするお話しばかりでしたが
案外ありえそうな感じもして、面白かったです◎


スポンサーサイト

| ま その他 | 2017-08-01 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |