• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「ハタラクオトメ」 桂望実

ハタラクオトメ

内容(「BOOK」データベースより)
北島真也子、OL。157cm、100kgの愛くるしい体形ゆえ、人呼んで「ごっつぁん」―。中堅時計メーカーに就職して5年が過ぎた彼女は、ひょんなことから「女性だけのプロジェクトチーム」のリーダーに。任務は、新製品の開発。部署を超えて集められた5人と必死に企画を立てるも、その良し悪しを判断される前に、よくわからない男社会のルールに邪魔される。見栄、自慢、メンツ、根回し、派閥争い…。働く女性にエールを送る、痛快長編小説。


三流会社の時計メーカーで働く「ごっつぁん」を主人公に女の子目線で見たお仕事小説。
女のドロドロさは全く無くて、とっても読みやすいです。

取締役の思いつきで、女性だけの新商品開発のチームが作られる。
リーダーは、人事課のごっつぁん。他のメンバーも、秘書や、経理や宣伝部など商品開発に関係ない部署の子たちばっかり。
初めての商品開発に四苦八苦しながらも、素人だからこそ、女性だからこその企画を作り上げていきます。

働く女性の物語って、バリバリ働く女性が出てくるお話しが多いんだけど
この物語の女性社員は、わたしには身近に思えました。
休憩中にお菓子食べたり、男性社員には自分たちだけの渾名があったり。

ごっつぁんのキャラもよかったです。
体重100㌔ってすごい迫力そうだけど、それを感じさせない明るくて癒しの愛されキャラでした。

ひとつ希望を言うならば、ごっつぁんの過去の恋愛の話が出てきたのなら、現在に少しでも色恋あってもよかったのになーと思いました◎


スポンサーサイト

| 桂望実 | 2011-11-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。