• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「館島」 東川篤哉

館島

内容(「BOOK」データベースより)
巨大や螺旋階段の下に倒れていた当主の死因は、転落死ではなく墜落死だった!?天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘にふたたび事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致(!)で描いた意欲作。『密室の鍵貸します』でデビューした気鋭が放つ、大トリックと謎解きの面白さを楽しめる本格ミステリ。


最近よく見かけるこの方の本。
「謎解きはディナーのあとで」しか読んだことなかったので、他にどんなの書くんだろうと、たまたまあったこの本を借りてみました。

天才建築家十文字和臣が、瀬戸内海に浮かぶ島に建てた自分の別荘で墜落死をした。
事件は未解決のまま、半年後、彼の奥さんが当時の事件関係者を再び別荘に呼び寄せる。
そしてそこでまた殺人が起きる。
招待客の中にいた刑事、相馬と、女探偵、沙樹が事件解決に挑みます。

展開としてはよくあり気な・・・という感じです。
犯人も意外と言えば意外だけど、動機がちょっと弱いなーと思ったり。
ただ、トリックはなかなかすごいなと思いました◎

興味深かったのは、時代背景ですかね。
瀬戸大橋がかかる少し前です。基礎工事は済んであと数年で完成するという頃。
わたしが小学校に入る前くらいに、瀬戸大橋は開通しました。
今では瀬戸大橋も、しまなみ海道もあって、わたしの地元からは車でばんばん四国にも遊びに行ける環境ですが、それもここ10~20年なんだなーと改めて思いました◎

天然お嬢様や抜けてる刑事は、昔からの東川さんの登場人物キャラなんだなーと納得。


スポンサーサイト

| 東川篤哉 | 2011-12-12 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。