• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「はれのち、ブーケ」 瀧羽麻子

はれのち、ブーケ

内容(「BOOK」データベースより)
30歳―仕事、恋愛、結婚…別々の人生を歩み、それぞれの悩みを抱え、自分の進む道を模索するかつてのゼミ仲間たち。ひと組のカップルの結婚式を通して、六人の男女が見つける幸せの形、等身大の生き方を、健やかかつ繊細な筆致で描く。期待の新鋭が贈る傑作長編。


大学時代のゼミ仲間6人。
その中の2人が、当時からの10年の交際を経てついに結婚式の日を迎えた。
結婚式当日の1日を、懐かしい大学時代の回想を交えて、6人それぞれの視点で描かれた連作短編集。

大学時代一緒に過ごした頃から10年経ち30歳になったみんな。
やっと結婚できた2人や、すでに家族がいる子。夢を追いかけてる子。焦ってる子。
みんなそれぞれで、久々に会って懐かしい反面、自分と比べてみたり、羨んでみたり。

年齢が近いせいか、共感できる思いがたくさんありました◎



スポンサーサイト

| 瀧羽麻子 | 2011-12-25 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。