• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「七つの海を照らす星」 七河迦南

七つの海を照らす星

内容(「BOOK」データベースより)
様々な事情から、家庭では暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設「七海学園」。ここでは「学園七不思議」と称される怪異が生徒たちの間で言い伝えられ、今でも学園で起きる新たな事件に不可思議な謎を投げかけていた。孤独な少女の心を支える“死から蘇った先輩”。非常階段の行き止まりから、夏の幻のように消えた新入生。女の子が六人揃うと、いるはずのない“七人目”が囁く暗闇のトンネル…七人の少女をめぐるそれぞれの謎は、“真実”の糸によってつながり、美しい円環を描いて、希望の物語となる。繊細な技巧が紡ぐ短編群が「大きな物語」を創り上げる、第十八回鮎川哲也賞受賞作。


児童養護施設「七海学園」で起こるいろんな不思議な出来事。

学園で保育士をしている春菜は、子どもたちとの関わりを通して謎を解決していきます。
事件というより、謎ですね。

いろんな事情で学園に預けられた小学生から高校生までの子どもたち。
でも春菜の雰囲気のせいか、お話は重たくなく、終始明るい雰囲気です。
普段知ることのない児童養護施設や児童相談所のことが興味深かったです。

連作短編集で1つずつのお話しですが、ちゃんと最後にまとまります。
なかなか強引ですが、あっ!!となりました。

面白かったのは、「滅びの指輪」かな。
うまく出来たお話しでハッピーエンドのようだけど、ちょっとゾクッとするラストの感じが好きです。


あと、全部読んで作者さんの名前見ると、おお!!ってなります。
続編「アルバトロスは羽ばたかない」も読んでみようと思います。

スポンサーサイト

| 七河迦南 | 2012-02-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>