• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊

チームバチスタの栄光

内容(「BOOK」データベースより)
東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。


今さらです。
続編もたくさん出てるし、ドラマにも映画にもなってるのに、縁がなく初めて読みました。
映像化もぜんぶ見てません・・・

東城大学病院の桐生先生率いるバチスタ手術専門のチーム“チーム・バチスタ”
この手術が3例立て続けに失敗している。

その原因を内部調査することになった、同じく東城病院の田口先生。
果たして失敗の原因は、「不運・医療ミス・悪意によって引き起こされた事態」どれなのだろう。

万年講師の田口先生。
まずは、チームのメンバーひとりひとりに聞き込み調査をしますが、すぐに行き詰まってしまいます。
そこへやってくるのが、厚生労働省から派遣された白鳥。
なかなか無茶苦茶な彼と一緒に、調査を進めていきます。

白鳥が来てから、一気にテンポアップしました◎
いいキャラです。

やっぱり評判になるだけの面白さがありました。
調査して真相に辿りつく段階も面白いですが、解決したあとの記者会見や後日談の犯人の思惑とか興味深かったです。
ドラマは犯人とか違うようですね。

早速続編も読んでみようと思いました。



スポンサーサイト

| 海堂尊 | 2012-03-10 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。