• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「僕が旅に出る理由」

僕が旅に出る理由

内容(「BOOK」データベースより)
握られた石と銃。震える足。叩き壊された日本製の当たり前。世界一、人間くさい大都会。笑顔まみれの楽園。夏を追いかけ、世界一周。退屈な時間を飛び出し、世界を旅した大学生100人がつくった旅の本。



いつも一緒に旅行に行く友達が貸してくれた本。
相方曰く「るぱんには、毒!!」らしいですが・・・笑

いろんな理由で旅に出た大学生100人と一緒に作られた1冊。
その中の15人の体験記が描かれています。

1人で海外に旅に出たバックパッカーの大学生たち。
彼らの旅先は、アフリカや南米、中東など、なかなか観光旅行では行かない国ばかりでした。
そこで彼らは、いろんな経験をして、成長して帰ってきます。


私は大学生の頃、3ヶ国行きました。
NZ、韓国、アメリカ。
社会人になってからは、フランスだけ。

当時、就職した先輩に言われました。
「借金してでも海外旅行は行ったほうがいい。お金は今からいくらでも働いて返せるけど、こんなに長い休みは今しかないよ」と。ほんとに、その通りでしたね。

今は海外はなかなか行けないけど、相変わらず旅行好きな私は、国内を旅行し続けています。
京都はもちろん、九州、四国、北は東北、北海道まで。
あとは大好きな石垣島にも何度か。
今年は2年ぶりに沖縄に上陸できそうです。

確かに、私の旅行魂を触発されたこの本は、相方には「毒!!」かもです。
これからもやめられないだろうなー◎

スポンサーサイト

| 未分類 | 2012-03-16 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。