• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ダブル・ジョーカー」 柳広司

ダブルジョーカー

内容(「BOOK」データベースより)
結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは―。表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。吉川英治文学新人賞&日本推理作家協会賞W受賞の超話題作『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第2弾、早くも登場。


「ジョーカー・ゲーム」の第2弾です。
前作同様、結城率いる“D機関”のスパイたちのお話し5編です。

D機関のスパイたちが主人公ではなくて、主のお話の影にD機関のスパイたちが絡んでくる感じです。

相変わらず、完璧なスパイたち。
結城中佐の過去も少し出てきて、改めてすごいなーと感心。

個人的には、表題作が気に入りました◎
ただ、前作ほど、D機関のスパイたちが全面に登場しないので、ちょっと寂しかったり。
なので、このシリーズの長編が読んでみたいと思うのでした。
あるかな。

スポンサーサイト

| 柳広司 | 2012-03-24 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

本を読んだ後、何となく調べ物してみたのですが
どうも、スパイ養成学校のようなものは存在したみたいですね
陸軍中野学校というそうです

そのサイト先に書いてある内容の真偽は分からないのですが、昭和12年に試験的に20名のスパイを養成し、それの出来が良かったので軍に認められ陸軍中野学校を設立し終戦までに2500人ほど排出することになったようです。

この最初の20名について
・軍服は一切着用せず背広を着用
・天皇の名前が出てきても姿勢を正さない
・髪型は長髪
...etc
スパイとしての色々な取り決めがあったようで・・・
どうも、どこかで見たような内容です^^;
D機関にはモデルがあったんだなあ。と思うと、ちょっと感慨深くなったりしました。

ところで、設立に関わった内の一人に岩畔豪雄(当時陸軍省軍務局中佐)という人がいるのですが、この方にはちょっと見覚えがありまして、日米諒解案をまとめるために奔走した人の内の一人だそうです。日米開戦回避のために尽力はしますが、結局は国内の強硬派に押し切られる形で対米路線に進むようです。最後の話しには多少こういうの(対米回避できなかった無念さ)も噛んでたりするのかなあ?とか、色々思いを巡らせたりしました。

ちょっと長文になっちゃいました^^;

| sizu | 2012/03/26 17:21 | URL | >> EDIT

SIZUさん、こんばんわ!!

いやー、詳しい解説ありがとうございます。
小説のお話しだと読んでたのですが、実際にこんな人たちが存在したのですね。すごいです◎

設立に加わったひとりというのが、何と私の母校の創設者なのですね。そんな方が作った学校に通っていたとは・・・
1冊の本で、いろんな繋がりを感じました。

| るぱん | 2012/03/29 22:06 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>