• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「くちびるに歌を」 中田永一

くちびるに歌を

内容(「BOOK」データベースより)
拝啓、十五年後の私へ。中学合唱コンクールを目指す彼らの手紙には、誰にも話せない秘密が書かれていた―。読後、かつてない幸福感が訪れる切なくピュアな青春小説。


2012年本屋大賞ノミネート作品。
CMまでしてましたね。

長崎・五島列島にある中学校。
夏にあるNHK全国合唱コンクールを目指す合唱部が舞台です。
「手紙~拝啓 十五の君へ~」がNHK合唱コンクールの課題曲になったあの年のお話しです。

顧問の先生の産休により、新しく来た美人の先生。
その先生目当てで、今まで女子部員だけだった部に、男子部員が入部してきた。
そのことによっていろいろ問題が出て来た合唱部の、春から夏の本番までの青春物語です。

部活、男女の対立、恋愛、家族、将来のこと。
誰もが思い出すような中学生活が溢れています。


課題曲の「手紙」を歌うにあたって、彼らも実際に「十五年後の自分」に手紙を書きます。
彼らのリアルな気持ちがいっぱいです。


とーっても爽やかな青春小説でした◎


スポンサーサイト

| 中田永一 | 2012-04-01 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>