• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「夜行観覧車」 湊かなえ

夜行観覧車

内容(「BOOK」データベースより)
父親が被害者で母親が加害者―。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と、向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。


高級住宅地の「ひばりヶ丘」でお向かい同士の、遠藤家と高橋家。

すぐ癇癪を起こす中学生の娘と母が近所にも聞こえるくらいのケンカを繰り返す遠藤家。
父は医者、子どもたちもいい学校に行って、幸せを絵に描いたような高橋家。

ある夜、この幸せそうな高橋家で事件が起こる。
父が、母に殴り殺されたのだった。
いきなり、被害者と加害者の家族となった高橋家の子どもたち。
いったいこの家で何があったのか。


高橋家の子どもたち、遠藤家の家族のそれぞれの心情が丁寧に描かれています。
見栄だとか欲だとか、劣等感だとか、人間の卑しい部分。
家族にはその家族にしかわからないいろんな事情があって、それが徐々に大きくなって事件にまで発展する。
実際にありそうで怖いなと思いました。

それにしても、遠藤家の娘はなかなかひどい。。
というか、登場人物みんな好きになれないけれど。

ラストは上手く収まったって感じで、ちょっとあっさり。
でもみんな頑張って欲しいと思いました◎


スポンサーサイト

| 湊かなえ | 2012-04-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。