• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂尊

ジェネラルルージュの凱旋

内容(「BOOK」データベースより)
桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。


「チームバチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」とたぶん順番通りに読んで、次はこれ。

今度の舞台は、東城病院の救命救急センターです。
前作「ナイチンゲール」と同じ時のお話でした。
あの小児病棟の裏で、こんなことが繰り広げられてたとは驚きです。

リスクマネジメント委員会の委員長を務める田口先生の元に、1枚の告発文書が届いた。
内容は、救命救急センターの速水部長の収賄疑惑。

田口先生は、同期でもある速水部長の調査を始めるが、その問題は倫理問題審査会(エシックス・コミティ)に委ねられることになる。
エシックスの委員長はとっても嫌味な沼田先生。

果たして速水部長の疑惑は晴らすことができるのだろうか・・・


今回も厚生労働省から白鳥がやってきます◎
そしてついに白鳥の部下、姫宮が登場します。
今までは話に出て来たけれど、まだ登場していなかったんですよね。

今回も、田口&白鳥コンビは頑張ってくれますが、それよりも速水部長の存在感がすごいです。
いやーかっこいいですね◎上に立つ人間はこうでなければ。
それでも、田口先生とのやりとりには同期という間柄か心許した感じがよかったです。

うん、面白かった!!


さて、ここまでは順番どおりに読んで来たけれど、次はどれを読むのがいいんだろう。
田口&白鳥第4弾か、速水先生の「極北ラプソディー」も興味があり、悩むところです。


スポンサーサイト

| 海堂尊 | 2012-04-27 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>