• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「密室の鍵貸します」 東川篤哉

密室の鍵貸します


内容(「BOOK」データベースより)
しがない貧乏学生・戸村流平にとって、その日は厄日そのものだった。彼を手ひどく振った恋人が、背中を刺され、4階から突き落とされて死亡。その夜、一緒だった先輩も、流平が気づかぬ間に、浴室で刺されて殺されていたのだ!かくして、二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の運命やいかに?ユーモア本格ミステリの新鋭が放つ、面白過ぎるデビュー作。


東川さんのデビュー作です。
ユーモアたっぷりの、でも本格ミステリーです。

就職は決まったけれど、彼女にふられた大学生の流平。
その元カノが殺された。
そのとき流平はすぐ近くの先輩の家にいた。
唯一流平のアリバイを証明してくれるはずの先輩も、お風呂で殺されていた。
しかも、ドアには中からチェーンロックがしてあるし窓も施錠してあった。
先輩の部屋には、先輩の死体と流平だけ。

この密室が解けない限り、犯人になってしまう流平。

疑いを晴らそうとする流平と私立探偵の鵜飼。
流平を追う刑事の砂川と志木。

果たして事件の真相は・・・


流平は必死なはずなのに、人が2人も死んでるのに、そうとは思えないゆるーい雰囲気が漂っています。
笑っちゃう会話はいっぱいで、でも事件の真相は結構本格的で、サラッと読める割には満足です。

これシリーズものみたいなので、他のも読んでみようって思いました◎



スポンサーサイト

| 東川篤哉 | 2012-04-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>