• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「さよならドビュッシー」 中山七里

さよならドビッシュー

内容(「BOOK」データベースより)
ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な彼女の人生は、ある日突然終わりを迎える。祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負ってしまったのだ。それでも彼女は逆境に負けずピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。『このミステリーがすごい!』大賞第8回(2010年)大賞受賞作。


ちょっとサボってました。
ゆっくりこれ読んでました。
2010年のこのミス大賞作品です。

ピアニストを目指す高校1年生の遥。
ある日自宅で火事が起きて、祖父と従姉妹が死んでしまい、遥も全身大火傷を追ってしまった。
それでも、遥はピアニストの岬との出会いによって、ピアニストの道を諦めなかった。

でも周囲は変わっていった。
まず、祖父の死による遺産相続の問題。
資産家の祖父には10数億の遺産があり、半分を孫の遥にという遺書が残されていた。
それ以降、遥は偶然とは言い難い身の危険を度々感じることとなる。

そしてついに、家族の中で殺人事件が起こってしまう。
遺産を巡った身内の犯行なのか・・・


これ、読みながら、本から音楽が聴ければいいのに・・・と思うくらい、ピアノの情景が目に浮かびます。
リハビリ程度のピアノから、コンクールを目指す遥の、ピアノの上達ぶりが実際に聴きたいと思ってしまいます。

中盤は犯人が誰かというミステリーよりも、ピアノの方がメインでしたが、わたしはそれは好きでした◎
岬先生の言葉はどれもストレートで、わたしも勇気もらいました。

後半はミステリーらしく、えっ!!となる展開もあって、楽しめました。
そうでしたか!!と・・・

最近ピアノ弾いてないので、ひさびさに練習しようと思いました。
でも最近それより興味ある楽器を購入したので、そちらの練習に時間をとられそうです。。


スポンサーサイト

| 中山七里 | 2012-05-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。