• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「横道世之介」 吉田修一

横道世之介

内容(「BOOK」データベースより)
なんにもなかった。だけどなんだか楽しかった。懐かしい時間。愛しい人々。吉田修一が描く、風薫る80年代青春群像。


これ、面白かったんです!!
だいぶ前に読んだんだけど、面白かったのに書いてなかったので、また図書館で借りちゃいました◎

大学進学で長崎から東京に出て来た横道世之介。
彼の大学1年生の1年間のお話です。

どこにでもいそうな男子学生、世之介。
だけど、とっても魅力的なんですよね◎
サンバサークル、友だち、恋人。
みんなと同じような普通の大学生活を送る彼ですが、彼の周りのみんな、そして読んでるわたしたちの心に残る印象深い男です。

合い間合い間に、登場人物の現在が書かれています。

近くにいたら、同じ時間を過ごしたいと思わせてくれるような世之介。
人と人との出会いはステキだなと思わせてくれます。
いっぱい笑って、でもジーンと心温まる、好みのお話しでした。


さっき知ったけど、映画化らしいですね。
この雰囲気をそのまま残して欲しいものです。


スポンサーサイト

| 吉田修一 | 2012-06-06 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>