• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「これから自首します」 蒼井上鷹

これから自首します

内容(「BOOK」データベースより)
自称映画監督の勝馬に幼馴染みの小鹿が告白した。殺人を犯し自首すると約束していた友人が急に翻意したのでかっとなったという。しかし、殺した相手というのが、かつて犯罪をおかしてもいないのに自首騒ぎを起こしたいわく付きの人物。今回の自首騒ぎにも何かいわくがありそうで…。勝馬には勝馬で正直者の小鹿に自首されては困る事情があった!?前代未聞の“自首”ミステリ誕生。


また蒼井さん。
タイトルで選びました。

自称映画監督、勝馬のもとに、幼馴染の小鹿がやってきて言う。
友人の砂町を殺したので自首しようと思うと。

しかーし
勝馬は小鹿に自首されては困る事情が・・・

自首すると言い張る小鹿と、何とか理由をつけて自首をさせまいとする勝馬。
このやりとりがずっと続きます。
いろいろやり方、理由を変えて。

メインの話しはこれで、そこにたくさんの登場人物が出てきて、いろいろ関わってきます。

バカ正直で融通の利かない小鹿を、何とか言いくるめる勝馬。
この2人のやりとりは面白いですね。
勝馬と小鹿で馬鹿コンビなんて言われたり。

ちょっと長くていろんな方向に話しがいきますが
まあ楽しく読めました。

この方は、短編の方が面白いらしいですね。

スポンサーサイト

| 蒼井上鷹 | 2012-06-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。