• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「冷たい校舎の時は止まる」(上)(中)(下) 辻村深月

冷たい校舎の時は止まる(上)

内容(「BOOK」データベースより)
ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。どうしても開かない玄関の扉、そして他には誰も登校してこない、時が止まった校舎。不可解な現象の謎を追ううちに彼らは2ヵ月前に起きた学園祭での自殺事件を思い出す。しかし8人は死んだ級友の名前が思い出せない。死んだのは誰!?誰もが過ぎる青春という一時代をリアルに切なく描いた長編傑作。


やっと辻村さんのデビュー作読みました。

高校3年生、受験を控えたクラスメート8人。
彼らはある雪の日に登校したら、学校に閉じ込められた。

開かない玄関や窓。時計は5時53分で止まったまま。8人以外誰もいない校舎。
一瞬だけ見えた担任教師の机に飾られた写真。
その写真には、担任を囲んで生徒が7人しか写ってなかった。

そして思い出す2ヶ月前の学園祭最終日に起きた自殺事件。
だけど、その時自殺したクラスメートの名前が誰も思い出せない。

この中の8人の誰かが、自殺したのかもしれない。
でもそれは誰?!


久しぶりに寝る間も惜しんで読みました。
だって、気になるじゃない。
誰が死んだのか。
でも上・中・下巻と先は長い・・・

クラス委員のメンバーだった8人。男4人女4人。
彼らそれぞれの人物像がとっても丁寧に描かれていて、過去にあったこと、それぞれが今抱えてることなど、8人もいるから、そりゃー長くなりますね。

現在の状況、過去の出来事、それらがコロコロ場面変わって語られますが、混乱なくとても読みやすいと思いました。

ミステリーというより、少しホラーじゃないかと思ったり、
でも楽しいことも辛いことも含めて高校生の青春がいっぱいで、
とても楽しめました◎


ただ、私はこれを読む前に、この作者さんの「ロードムービー」や「光待つ場所へ」などのスピンオフ作品を読んでいたので、これに出てくる登場人物のその後などを先に知ってしまってたのはもったいなかったです。
読む順番って、結構大事デスネ。


スポンサーサイト

| 辻村深月 | 2012-06-29 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>