• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「サウスポー・キラー」 水原秀策

サウスポーキラー

内容(「BOOK」データベースより)
人気球団オリオールズの左投手・沢村はある日、自宅マンションの前で見知らぬ男に暴行を受ける。男は「約束を守れ」と謎の言葉を残して去っていった。なぜ自分が暴行されたのか心当たりがまったくなく、戸惑う沢村。その後球団には、沢村が暴力団と癒着しているという告発文書が送りつけられる。一方マスコミには、彼が八百長を行っているという告発文書が同一人物から送りつけられ、彼は結局、自宅謹慎処分を受けてしまう。はたして彼をワナにはめたのはいったい誰なのか?その目的は?四面楚歌のなか、沢村は自分をはめた人間に対して戦いを挑むことを決意する。そして彼がたどり着いたのは、周到に計画された恐ろしい陰謀だった。『このミステリーがすごい!』大賞第3回大賞受賞作。


2005年の「このミス」大賞作品です。
今さらですが読んでみました。

日本一の人気球団オリオーズのピッチャー、沢村。
彼は身に覚えのない暴力団との癒着や八百長疑惑をかけられる。
baseball judge という名前の相手から、球団やマスコミへ告発されたのだった。
そして自宅謹慎処分を受ける。

自分を罠に嵌めたのは、誰か。
彼は調べていく。

ミステリーとしてもまあまあ面白かったけれど
野球好きにはいろいろ想像しながら楽しめました。

自分の好きなチームの内情がこんなだとショックですけどね。。

スポンサーサイト

| ま その他 | 2012-07-12 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>