• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「永遠の0」 百田尚樹

永遠の0

内容(「BOOK」データベースより)
日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた…。人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り―それが祖父だった。「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻を志願したのか?健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語。


戦争、特攻については、ほとんど無知でした。
ただ、今の日本で戦争が起きても当時のように国のために命を捧げる人はいないだろう。
当時の戦争は、時代がそうさせたものだろうなんて思ったりしてました。

でも
当時もいたんですね。
命は大事だと。
家族のために生きて帰りたいと。
あの状況下でそう願っていた人もいたんだと。

ひさびさに、本を読んで泣きました。
たくさんの人に読んで欲しいと思います。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 百田尚樹 | 2011-05-29 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

泣きました。重たいテーマだけど、政治政治してなくてすんなり世界に入っていけました
個人的には、桜花の話しが切なくて・・・

それにしても、お姉ちゃんが高山さんと結婚しなくて良かったなぁ

| sizu | 2011/06/30 15:39 | URL | >> EDIT

やっぱり

泣けますよね。

よくドラマや映画で特攻隊を描いた感動ものがあるけれど、初めて、ちゃんと伝わったのがこの本でした。

| るぱん | 2011/07/01 18:31 | URL |

映画化決定みたいです

岡田准一×三浦春馬×井上真央競演! 戦争ラブストーリー「永遠の0」映画化
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2012/05/12823/

うーん、これは映像化を見たいような見たくないような。
テーマがテーマだけに、ちょっと怖かったり・・・
世界観が壊されないことを祈るばかりですが、山崎貴監督ということで心配することはないのかな。
なんだかんだ言いながら見に行くことになりそうですがw

| sizu | 2012/06/07 09:08 | URL | >> EDIT

こんにちは

へぇー映画化なんですか!!

“戦争ラブストーリー”ってジャンル初めて聞きました。
どうなるんでしょうね。
山崎監督って、ALWAYSとかの人ですかね。
話題になりそうですね。

| るぱん | 2012/06/09 10:04 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。