• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「おおかみこどもの雨と雪」 細田守

おおかみこどもの雨と雪

内容(「BOOK」データベースより)
大学生の花は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした。ふたりは愛しあい、新しい命を授かる。“雪”と“雨”と名付けられた姉弟にはある秘密があった。人間とおおかみの両方の顔を持つ“おおかみこども”として生を受けたのだ。都会の片隅でひっそりと暮らす4人だが、突然“おおかみおとこ”が死んでしまう。残された花は姉弟を連れて田舎町に移り住むことを決意する―。映画原作にして細田守監督初の小説登場。


いま映画してるけど、DVDでいいかな~と思って先に本読みました。
でも、これ 映画→本 がいい気がします。

大学生の花が恋をした男は、人間とおおかみが混ざりあったおおかみ男だった。
そして2人は、雪と雨という2人の子どもを授かります。
雪も雨も、人間とおおかみの両方の顔をもつおおかみ子どもだった。

そんな矢先に、愛するおおかみ男が死んでしまい、花はひとりで2人の子ども育てることになります。

このおおかみ男が死んでしまうところ、悲しすぎます。
こんな最期。。
だけど、花は母として、2人の子どものために、強くなります。
それからの、花の、そして雪と雨の成長の物語です。


とても心に響くお話しなんだけど、小説は短いせいか文章のせいか、さくさく読めてちょっと物足りなく、映像の方がもっと感動できるんじゃないかと思いました。


スポンサーサイト

| は その他 | 2012-07-31 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>