• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「八日目の蝉」 角田光代

八日目の蝉


内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。


ドラマにも映画にもなった本。

不倫相手の赤ちゃんを誘拐する希和子。
薫と名づけられて育てられたその子ども。

なかなか衝撃的なお話しです。

もちろん犯罪です。
でも読んでる途中、そのことを忘れてしまいました。
薫を愛情いっぱいに育てる希和子を見てると、このまま見つからなければいいのにと思います。

だけどやっぱりそんな日々も終わりが来るんですよね。

そして大きくなった薫こと「恵理菜」は当時を振り返る。
自分の身に起こったあの事件はなんだったのだろうと。


誰に感情移入するかで、だいぶ見え方違ってきます。
せつなさはいっぱいです。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 角田光代 | 2011-05-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>