• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「水車館の殺人」 綾辻行人

水車館の殺人

内容(「BOOK」データベースより)
仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。一年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは…!?本格ミステリの復権を高らかに謳った「館」シリーズ第二弾、全面改訂の決定版。


館シリーズ第2弾です。

人里離れて佇む水車館。
主人は、昔事故で手足と顔面に傷を負い車椅子と仮面という姿になった藤沼紀一。
9月28日は、紀一の父、画家の藤沼一成の命日であり、彼の作品を見るために毎年4人の愛好家たちが館を訪れる。

1年前の9月28日に事件は起こった。
館に居候していた紀一の友人、正木が殺され、愛好家の1人、古川は姿を消した。
警察は古川が正木を殺害し、逃走したと結論づけた。

そして、今年もまた9月28日がやってきた。
この日、古川の友人だったという島田潔という男が古川が犯人ではないのではないかと事件に興味を持ち、館を訪れた。
例年通り愛好家たちも館を訪れた。

今年も1年前と同じように悲劇が繰り返されるのだろうか??

話しは、今年と去年の9月28日が交互に描かれています。
1年前、何があったのか。
そして、これから何が起きるのか。

細かいトリックや動機とかはわからないけど、何となく展開は想像できましたが、それでもやっぱり面白く読めました。

紀一が誰にも見せなかった父の遺作「幻影群像」の絵。
ラストでそれを見たときは、衝撃でした。


スポンサーサイト

| 綾辻行人 | 2012-09-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>