• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「激走 福岡国際マラソン-42.195㌔の謎」 鳥飼否宇

劇走 福岡国際マラソン-42.195キロの謎

内容(「BOOK」データベースより)
トップランナーの思惑、ペースメーカーの野望…マラソンを舞台に駆け巡るノンストップ・ミステリー。


いくつかマラソンを舞台にしたのを読んだことあるけど、これは面白かったです!!

北京オリンピックの選考を兼ねた福岡国際マラソンのお話しです。

何としてでも日本人1位になって内定したい日本人招待選手たち。
トップランナーたちに負けたくない一般参加選手たち。
ペースメーカーの選手たち。
先導する白バイの警察官。
実況するアナウンサー。
見守る監督たち。

いろんな人たちのいろんな思いがつまった42.195㌔。

主役は、日本人ペースメーカーの市川選手かな。
彼がこのレースで何かをやり遂げようとしている。
果たしてそれは何なのか。

最初から最後までレースシーンだけですが、ほんとに実況聞いてるような感じでした。
光景が目に浮かびます。
実際にこんなレース展開あったら、マラソン好きは絶対面白く見れると思います。

そして、ゴールの瞬間にすべてが明らかになります。
ミステリーだけど、ラストはちょっと感動しちゃいました。
ぜんぶ繋がって、すっきり読後感でした◎

マラソンとか見るの好きだから偶然見つけて読んでみたけど、こんなに面白いのに今まで聞いたことない本でした。
このタイトルと表紙の絵が、なんかね、イマイチだからですかね。。。

おすすめですよ◎


スポンサーサイト

| た その他 | 2012-09-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>