• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「左京区恋月橋渡ル」 瀧羽麻子

左京区恋月橋渡ル

内容(「BOOK」データベースより)
京都の理系男子が初めて恋した相手は姫!?たいせつに育まれる初恋のときめきをいとおしく描いたとびきりキュートな純情恋愛長編。


「左京区七夕通東入ル」の続編です。
前回は脇役だった山根くんの初恋物語です。

大学院でエネルギーの研究をする理系男子、山根くん。
ある日、下鴨神社で運命の女性と出会った。

初めて恋した彼は、誘い方、待ち合わせ方、お茶する場所、デートコース、何もかも初めてで、何もかもがわからない。
友だちの花ちゃんにレクチャーしてもらって、分刻みのスケジュールをたて、メモをポケットに忍ばせてデートに挑む姿は、初々しくて微笑ましいです◎
山根くんとっても頑張ります。

そして、山根くんの住む寮の生活も好きです。
男だらけの古い寮で、基本みんな他人に興味がない理系男子ばかりだけど、それでも帰れば誰かがいる寮生活はいいですね。落ちてるときにも誰かと話してれば元気になるし。

山根くんの恋や寮の仲間との友情が、葵祭や五山の送り火など京都の行事とともに描かれています。

京都が舞台、かつ大学生の話は、やっぱり好きですね。


スポンサーサイト

| 瀧羽麻子 | 2012-10-21 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

私も「京都が舞台、かつ大学生の話」って大好きです。
万城目さんとか森見さんとかすっごくいいですよね。
この作家さん読んだことないので前作から読んでみたいと思います。
なんかほのぼのしてそうですね。

| Happy Flower Pop | 2012/11/04 10:04 | URL |

Happy Flower Popさん

そう、万城目さんとか森見さんとか、わたしも好きです◎
大学生に戻りたい!!って思っちゃいます。

瀧羽さんの本、さらっと読めて、登場人物がかわいらしくて、好きです。
是非機会あれば読んでみてください。

京都を感じれます◎

| るぱん | 2012/11/05 20:38 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。