• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「64」 横山秀夫

64.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。


7年ぶりの新作です。
分厚さと値段にちょっと怯んでしまいましたが、結局買っちゃいました◎

7日しかなかった昭和64年。
そのお正月に少女誘拐事件は起こった。通称ロクヨン。
それから、14年の月日が経っても事件は未解決のままだった。
時効を目前に、東京から警視庁官が視察にくることとなった。

遺族との交渉を任された広報官の三上。
長年刑事としてやってきて、ロクヨンのときも現場にいた彼は、いまは警務部の広報官。
主に、記者相手の毎日だった。

遺族は警視庁官の視察を断った。
なぜ。何か引っ掛かる。
事件から14年。遺族と警察の間に何かあったのか?

というあらすじは、ほんの触り・・・というか、1部というか・・・、これが説明になってるのかどうかも謎。
なんせ、怒涛の展開にあらすじ書けません!!
もっともっといろんなことが起きてるんです。
記者との対立。
刑事部と警務部の対立。というかもう戦争ですね。
組織って怖い。

わたしたちから見たら1つの警察。
だけど、その内では一般人には計り知れないものが渦巻いてました。
その狭間に落ちた三上の葛藤がもうつらい。。

だけど、そんな怒涛の展開もラストで終結へ向かいます。
もう、鳥肌でした。
こんな感覚ひさしぶり。


三上の元上司、松岡がかっこよかったです◎



スポンサーサイト

| 横山秀夫 | 2012-11-05 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

読みました。終盤でぞくっとしました。
いやー、一気にのめり込みました。

それにしても三上さんが大変ですね^^;
頑張れ。って応援しながら読んでいました。
大変で周りは圧力ばかり。でも、その分仲間に支えられて。
そういうの見ていて嬉しかったです。

| sizu | 2012/11/12 08:48 | URL | >> EDIT

とっても長いんですが、それでも終盤にあの展開はほんと鳥肌でした◎横山さん、待った甲斐がありました。

三上さんほんと次から次へと大変だったけど、これからは大丈夫な気がします。ちゃんと部下も出来て、家族のことも向き合えそうですし。

これもまたドラマとかなりそうですよね。

| るぱん | 2012/11/13 23:33 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>